« 日本株の比率について考える 2017 | トップページ | セゾン投信 ゆうちょダイレクトへ商品提供開始のお知らせ! »

2017年1月 6日 (金)

みんながアーリーリタイヤの時代?

アーリーリタイヤを考える上で、影響のあるニュース。

これまで65歳以上とされていた高齢者の定義を

  • 准高齢者 65〜74歳
  • 高齢者   75歳以上
  • 超高齢者 90歳以上

と再定義しましょうという動きのようです。(産経新聞のサイトの情報から)

冒頭のNHKのニュースサイトには、

今回の提言を年金の支給年齢の引き上げなど、今の社会保障の枠組みに直接結びつけず、慎重に議論するよう求めています。

とありますが、これは、結びつくと考えるのが妥当でしょう、とうがった見方をしたのもつかの間、NHKのニュースの街頭インタビューでは、元気いっぱい働くことにみなさま大いに賛成のご様子です。

ほんとうなのかっ?と思う私は、既に自由にやらさせていただいておりますが、我が国は、働く意欲に満ち溢れた人がいっぱいのようなので、安心です。

それにしても、高齢者になるまで働きなさいとなると、75歳定年・・・・なんてあるわけないので、60歳なんて、アーリーリタイヤです。(既にそうだという意見もあります)

アーリーリタイヤ資金作り、ライフワーク作りという考え方が、一部の人ではなく、より広い層に広がっていく時代なのかもしれません。なにしろ、アーリーリタイヤは突然やってきます。

そういう意味でも、やはり、iDeCoは重要なツールなんですね。

コストで選ぶならiDeCoもネット証券!→SBI証券のDCプラン楽天証券

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 日本株の比率について考える 2017 | トップページ | セゾン投信 ゆうちょダイレクトへ商品提供開始のお知らせ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本株の比率について考える 2017 | トップページ | セゾン投信 ゆうちょダイレクトへ商品提供開始のお知らせ! »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2016 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.