« 日本のアクティブファンドに対する二つの願い | トップページ | ふたつのフィデューシャリー・デューティー »

2017年1月24日 (火)

日本株をバイアンドホールドするための心得を考えてみる。

1990年のバブル崩壊後、いまだ、日経平均は、1989年末の最高値を突破することなく、かれこれ、30年近く経っています。そんなダメダメな日本株(日本経済)であるため、日本株をバイアンドホールドすることにためらいを感じている人も多いです。

私もそんなためらいを感じるひとりなのですが、わずかな光明を見いだしつつ、長期投資をしています。

日経平均の推移

まず、復習。日経平均の、1950年来の推移です。縦軸は対数にしてあります。

20170121

40年くらい、ダーっと上がって、かれこれ30年くらい停滞してます。アベノミクスなんて、ちっぽけな出来事にしか見えません。

なかなかのダメダメぶりです。以下は、そんな日本株をバイアンドホールドし続けるための私の心得です。

その1 いつかは晴れるだろう。

ミクロな事象はぐっと目をつぶり、長期投資家目線で考えましょう。

40年上昇相場が続いたんだから、40年くらいその反動で調整があってもおかしくないのです(たぶん)。

もう少しで「曇り時々晴れ」くらいにはなるのではないでしょうか。さらにいえば、調整のゴールはあと10数年で訪れ、ここから先は、晴れてきてくれるのではないでしょうか(ただし、インフレというおまけつきかもしれませんが)

我々のゴールはまだ先です。

その2 いつかは日本の市場体質も変わるだろう。

これは個人的な感じなのですが、官製市場と言われる市場体質に、日本がなかなか浮上しない理由の一つがあるように思っています。

戦後の回復期を終え冷戦終結後の地政学のメカニズムの転換があったにもかかわらず、日本市場に長らくリスクプレミアムが働かず、リスクだけが残り続けてしまったのではないでしょうか。

しかし、いつまでも、過去の護送船団方式の亡霊と戦い続けると言うこともないはずです。いまだ、大きな政府型の思想が支配していることは否めませんが、そのうち海外に背中を押されて少しずつ変わっていくのではないでしょうか?

その3 日本には投資が必要だ。

いつも書いていますが、投資なくして成長無し。誰も投資しなければ日本が良くなるはずがありません。一国民としてその一助となるように協力しようという、涙ぐましくもけなげな気持ちを思い出してみています。

その4 日本株がダメでも大丈夫だろう。

最後は、かなり逆説的な心の支えです(^^;)。

私は海外にも分散投資をしています。日本株がこれから先もダメだったとしても、全滅はしません。しかし、それなりに日本株が復活したら、未来の私は、うれしいはずです。

以上、未来は誰にも判りませんが、私がかすかに心の支えとしていることがらを書いてみました。

ほったらかすだけのバイアンドホールドも、自己責任であるがゆえになかなか大変なのでした。

コストで選ぶならiDeCoもネット証券!→SBI証券のDCプラン楽天証券

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 日本のアクティブファンドに対する二つの願い | トップページ | ふたつのフィデューシャリー・デューティー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本のアクティブファンドに対する二つの願い | トップページ | ふたつのフィデューシャリー・デューティー »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.