« いまどきの証券会社の訪問営業は何を売っているか 2017 | トップページ | アーリーリタイヤしてつくづく良かったと思うこと第1位 »

2017年1月31日 (火)

2017/1末のポートフォリオ

2017/1末のポートフォリオです。

20170131

先月とほぼ変わらずです。トランプさんが派手にメディアを騒がせているので大変化があるかもしれないと思っていましたが変わりませんでした。未来は常に神秘的です。

てなわけで、当面は、「その他」クラスのREITを積み上げたいと思います。

そんなおり、こんなニュースがありました。

2015年に発覚した東芝の不正会計問題を巡り、株価の下落で資産が目減りしたとして、三菱UFJ信託銀行など複数の信託銀行が東芝に対して損害賠償請求訴訟の準備をしていることが分かった。年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)も昨年、信託銀を通じ約130億円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴。請求額は計140億円を超え、敗訴すれば東芝の再建に影響を与えそうだ。

銀行は、東芝を救済するという立場ですが、信託銀行やGPIFはお金を出してくれている顧客を向いています。

あらためて考えてみたいのが、フィデューシャリー・デューティーにおける顧客本位。

その顧客って、いったい誰なんでしょう。信託銀行の顧客は、その会社のファンドを売る人と買う人。GPIFに至っては、突き詰めれば、国民のほとんどが顧客です。銀行は、預金してくれる人もそうですが、融資先も顧客です。東証は、市場参加者が顧客です。

一庶民がしっかりバイアンドホールドできる環境作りのため、市場のステークホルダーのみなさまには、真の国益を考え、真の利益のぶつかり合いを通じて、インデックス投資最大の敵=市場の非効率と戦って欲しい、と願いつつ、今月も長期投資の旅は続くのでした。

コストで選ぶならiDeCoもネット証券!→SBI証券のDCプラン楽天証券

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« いまどきの証券会社の訪問営業は何を売っているか 2017 | トップページ | アーリーリタイヤしてつくづく良かったと思うこと第1位 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/64830051

この記事へのトラックバック一覧です: 2017/1末のポートフォリオ:

« いまどきの証券会社の訪問営業は何を売っているか 2017 | トップページ | アーリーリタイヤしてつくづく良かったと思うこと第1位 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.