« 長期投資のコツを考える。 | トップページ | 国民の資産比率と自分のポートフォリオを比べてみると・・。 »

2017年1月17日 (火)

最近のオススメの証券会社事情 2017

このブログ、ある意味、不思議なのかもしれませんが、「オススメの証券会社」というような記事を書かなくなって久しいです。しかし、最近、ちょっと情勢が変わったような気がするので、書いてみます。

オススメ証券会社の定番

やはり、オススメの証券会社と言われて、最初に出てくるのが、以下の2社。

多くのブログでも人気の2社です。

  • 各種手数料が最安値圏
  • 品揃え豊富
  • 超ローコストインデックスファンドも買える。
  • 確定拠出年金もローコスト(SBI証券のDC

などなどなど、この2社の「間口」は広く、対応力が高いです。

次点で、マネックス証券でしょうか。SBI証券が主力の私も、ウェルズリーインカムファンドがある限り、この口座はなくなりません。

今、口座開設してみたいなと思う証券会社ナンバーワン

しかし、この鉄板路線とも言える証券会社選びに、最近、急浮上の会社が現れました。それが、

です。

超ローコストインデックスファンドが買えるようになったことに加え、投信工房というサービスが設定されていて、ここで「リバランス積立」という魅力的な機能を利用できるからなんです。この機能をうまく使えば、イージーオーダーのローコストバランスファンドを作ることができそうです。

たとえば、GPIFと同じ組成のバランスファンドが欲しいと思えば、商品の登場を待たずして実質同じものが作れてしまうのです。しかも、超ローコストの部品を組み合わせて。

これは、既存のバランスファンド・ベンダーからすれば、驚異でもあるはずです。

自動リバランス機能は今後の展開に期待

おそらく、機能としては、発展途上にあると思われますので、今後の動向に興味津々です。

SBI証券、楽天証券にも追従して欲しい機能ですね。

コストで選ぶならiDeCoもネット証券!→SBI証券のDCプラン楽天証券

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 長期投資のコツを考える。 | トップページ | 国民の資産比率と自分のポートフォリオを比べてみると・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長期投資のコツを考える。 | トップページ | 国民の資産比率と自分のポートフォリオを比べてみると・・。 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.