« 日経225って、なぜ225? | トップページ | 2016年の相場から学んでみる。 »

2016年12月25日 (日)

アクティブファンドのリバランス

セゾン投信がデビューしたばかりの頃、当ブログでは、効率的フロンティアの計算がブームでした。(ご参考エントリー

このころ、たろっとさん(すごい計算ツールを作っていらっしゃった方です。)だったと思うのですが、セゾン投信のふたつのファンド、セゾン・バンガード・グローバルバランスとセゾン資産形成の達人ファンドを1:1にすると良い感じになるというご意見がありました。

しかし、その後、達人ファンドの方は、組成を変化させて行きましたので、計算はその都度変わっていったことになります。

アクティブファンドは、 当初の比率とは変化してしまうことがあるんですね。

最初は、日本株で運用していたと思ったら、海外株式にも投資し始めるファンドもあります。(たとえば、もともと、運用方針にそう書いてあった場合)

困るのは、こういうファンドを、日本株、外国株というステレオタイプな資産クラスだけで管理すること。

私がどうしているかというと、「その他(代替投資ワク)」という資産クラスに分類してしまっています。(ウェルズリーインカムファンドがそれに相当)その上で、「その他」クラスが、

 当初決めた比率のまま

になるようにしています。

上記の方法でリスクが保たれるとは言えませんが、放置しておくよりは良いような気がして、そうしています。

iDeCoを始めたい方にオススメ。SBI証券の個人型DCはこちら→SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)


私の妻もコツコツ投資中。セゾン投信さんの口座開設はこちら→セゾン投信

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 日経225って、なぜ225? | トップページ | 2016年の相場から学んでみる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日経225って、なぜ225? | トップページ | 2016年の相場から学んでみる。 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.