« 私の投資人生を振り返って見る(2) | トップページ | 確定拠出年金は友達。怖くなんてないよ。 »

2016年12月 5日 (月)

アラフォーから始める資産形成

前回、前々回のエントリーでご紹介した私の経験から、いくつかの教訓が得られました。

それは次の2点です。

(1)住宅購入は、長期投資の最大の敵

(2)アラフォーからの資産形成でも間に合う。

私は、資産形成過渡期の世代で、社会人としてスタートした頃は、ローコストのインデックスファンドを購入する知恵もなく、外国資産に至っては、仮に知識があったとしても、投資が極めて困難な時代でした。

それでも、いくつかの幸運もありました。

そのひとつが、ぎりぎり30代のうちに、古い資産形成の方法から離脱できたことでした。ちょうどそのときに、ネット証券が、雨後の竹の子のごとく、にょきにょきと現れて、それまでは難しかった、世界分散投資が、一気に身近な存在になったことです。

そんなこんなで、アーリーリタイヤしてしまうところまでは、なんとかなったのです。

それにしても、長期投資はむずかしい。そんな中、インデックス投資は、もっとも、長続きしやすい投資方法です。

最大の敵は、上記に書いたように、住宅に代表される大型消費です。

時代は変わり、自助努力が確実に必要な時代となりました。60歳までロックがかかり、いやでも長期投資となってしまう確定拠出年金制度は非常に有効です。というか、必須です。

知らなかったではすまない時代が来ているのです。

iDeCoを始めたい方にオススメ。SBI証券の個人型DCはこちら→SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 私の投資人生を振り返って見る(2) | トップページ | 確定拠出年金は友達。怖くなんてないよ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私の投資人生を振り返って見る(2) | トップページ | 確定拠出年金は友達。怖くなんてないよ。 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.