« 長期投資家は金利とどう向き合うべきか? | トップページ | 今は1ドルいくらが適正なの? »

2016年12月19日 (月)

ドルコストはやっぱりオススメです。

ドルコストは、得ではない。精神安定剤に過ぎない。というご意見があります。

最近、そうだとしても、やっぱり、ドルコストは得なのではないか?と思うようになりました。

それは

 精神安定剤は無料ではない。

ということ。

だから、その分、得なのです。

さて、話の枕詞は終わりにしまして、私の考えるドルコストのメリットについてです。何度か書いていますが、代表してこちらのエントリー↓

(1)リスクを一気に上げないですむ。
(2)もらった収入をできる限り早く投資できる。
(3)蓄財を習慣化しやすく「ほったらかし」にしやすい。
(4)相場のハザードに対するフィルターになる。
(5)精神安定剤になる。
(6)固定客をつかめるので証券会社もうれしい。

私がドルコストをオススメしている理由は、ひと言で言うと、「サラリーマンの蓄財とはそういうものである」という庶民の哲学みたいなところにあります。それは、上記で言えば、(2)。

ドルコストというのは、

 収入があったら一括投資する。

という行為を収入があるたびに繰り返すことなのです。

サラリーマンの収入は、

  • 毎月
  • (あれば)ボーナス

の二つのタイミングです。つまり、

 「結果としてドルコストと呼ばれるものになってしまう」

のです。(ボーナス分も含めた年収を考慮して毎月の積立額を平準化しようという御意見も聞きますが、私としては、毎月積立+ボーナス月の加算で良いと考えております。)

再び無職(自称フリーランス)になるので、しばらくは、ドルコストを休止しようと思っている私ですが、やはり、サラリーのある人にとって、ドルコストは、オススメなのでした。

iDeCoを始めたい方にオススメ。SBI証券の個人型DCはこちら→SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 長期投資家は金利とどう向き合うべきか? | トップページ | 今は1ドルいくらが適正なの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長期投資家は金利とどう向き合うべきか? | トップページ | 今は1ドルいくらが適正なの? »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.