« アラフィフから投資を始めるあなたへ | トップページ | ロボアドバイザー 頼るは恥だが役に立つ »

2016年12月12日 (月)

セミリタイヤ前と後での余裕資金の変化

前回のエントリーで取り上げた「余裕資金」。私の場合、セミリタイヤ前と(遅めの) セミリタイヤ後では、変わりました。

セミリタイヤ前

余裕資金 = 全金融資産 ー 生活防衛費

基本的にはこういう考え方でした。

生活防衛費もなかなか決めにくいですが、収入力にある程度自信が持てる人であれば短く、自信のない人は長い、というような相関関係はあると思います。子どもの学費など、近い将来の高額出費も生活防衛費の中に見込んでおくべきかもしれません。

セミリタイヤ後

余裕資金 = 死ぬまで残りそうなお金

これは、私としては、コペルニクスもびっくりの大変化。

言ってみれば、遺産。

このお金は、運用状況の善し悪しにあまり関係がありませんが、予期せぬ出費があるかもしれません。そのため、それ相応のリスク資産比率となります。私の場合、月に一度、ご紹介しているポートフォリオ、ということになります。

  • 現在は、全財産で見ると、リスクが低め。
  • (収入がないから当たり前だが)年金受給する頃までに生活防衛資金はどんどん減って行く。
  • 全財産で見ても現役時代のリスク資産比率と同じ状態(といってもカウチポテトで低めです)に落ち着く。
  • 年金受給世代は、夫婦合わせた年金などなどでなんとか生きていく。
  • 以後、リバランスだけが運用の主眼。

今のところ、こんなゴールを考えながら、資産運用をしています。

iDeCoを始めたい方にオススメ。SBI証券の個人型DCはこちら→SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« アラフィフから投資を始めるあなたへ | トップページ | ロボアドバイザー 頼るは恥だが役に立つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アラフィフから投資を始めるあなたへ | トップページ | ロボアドバイザー 頼るは恥だが役に立つ »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.