« 長期投資家の「買い場」 | トップページ | アクティブファンドのリバランス »

2016年12月24日 (土)

日経225って、なぜ225?

先日、おぱるさん主催の(もはやムサコではない)ムサコ会がありました。

その場で、私がふと発した素朴な疑問。

日経225って、なんで225銘柄なの?

どうも、いくつかの説があるみたい。

  • 全銘柄からバランスよく選んでいったら225銘柄だった。
  • 1950年当時東証に上場されていた企業が225社だった。

などがあるようです。

こちらの説明では、以下のようになっています。

60 年以上も前(1950 年)から日々算出されているため、当時の詳しい経緯は不明ですが、指標性を保つために、売買高の多い銘柄を全業種からバランスよく選んだところ、この銘柄数に なったとされています。225という銘柄数に特別な意味づけはないと認識しています。

あまりに昔のことのため、今となっては正確なところはわからないようです。

日経225というのは、ダウ(こちらは30銘柄)をマネして考案したのかな「?と思っていたのですが、そうでもないようですが、それにしても長続き。

不思議なものですね。

iDeCoを始めたい方にオススメ。SBI証券の個人型DCはこちら→SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 長期投資家の「買い場」 | トップページ | アクティブファンドのリバランス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長期投資家の「買い場」 | トップページ | アクティブファンドのリバランス »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.