« 積立NISAでどうやって積み立てますか? | トップページ | インデックス投資家が相場の格言に学ぶと・・・? »

2016年12月 9日 (金)

たわらノーロード第1期運用報告書

相互リンク先のkenzさんの記事です。たわらノーロードシリーズの第1期運用報告書が出て、みなさまお待ちかねの実質コストがわかりました。

 

さて、すっかりおなじみになった実質コスト。答えだけであれば、kenzさんのサイトをチェックするのがもっとも合理的ですが、やはり保有しているファンドくらいは、自分で確認してみたいもの。

私自身も10年前は熱中しておりましたが、基本に返って計算してみます。どうやってやるんだったけなあ。(対象は、先進国株式クラスです)

用意するもの

  • 最新の運用報告書(こちらにあります)
  • 電卓または表計算ソフト

どこを見るのか?

運用報告書のP2です。ここから以下の数値を拾います。

  • 信託報酬 18円 0.199%
  • 売買委託手数料 0円 0.002%
  • 有価証券取引税 1円 0.006%
  • その他費用 2円 0.022%
  • 合計して21円 0.229%

計算してみる

いつもだったら、これらの合計に書いてある、0.229%が、実質コスト(税込)です。

計算は不要です。(←おいっ)

答えが運用報告書に書いてあるんです。10年前の運用報告書には書いてありませんでしたが、消費者サイド(含むブロガー)が騒いだせいなのか、書かれるようになったのです。。

しかし、今年は、たわらノーロードシリーズに限っては、特殊事情があります。

運用の対象期間が短いのです。今期は、2015年12月18日〜2016年10月12日までと、一年に満たないのですね。

運用報告書を見ると、信託報酬率が、0.199%(税込)になっていますが、たわらノーロード先進国株式の信託報酬率は、0.243%(税込)です。これは、値引きしてくれたんじゃなくて、その分、案分してあるだけなのですね。

0.243% × 299日/365日 = 0.199% となります。

ということは、実質コスト0.229%の方も、年換算にしてあげれば良いことになります。

0.229% × 365日/299日 =  0.280%(税込)

税抜にすると、0.259%です。

実質コストも安いです。

<別解>

もう一つの計算方法としては、信託報酬0.199%が本当は0.243%なのだから、0.229%を単純に案分するだけでも出ます。

0.229% × 0.243%/0.199% = 0.280%(税込)

こっちの方が簡単ですね。

お疲れさまでした。

たわらノーロードかニッセイか?

今年度の結果からすると、トラッキングエラーは小さいか?(ニッセイさん今年はずっこけました) 値下げスキームがあるか?(こちらは、ニッセイさん頑張りました)というのが選択の重要ファクターです。

そんな中、私は、たわらノーロードを選んでいたわけですが、その理由は、なんだったかというと、

 脱力感のある愛称だったから

です。

まあ、投資は力を抜いてやった方がいいだろうという、これまた脱力感溢れる理由です。

そのくらい、レベルの高い戦いで、差が小さくなってきていると言うことです。良い時代になりました。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 積立NISAでどうやって積み立てますか? | トップページ | インデックス投資家が相場の格言に学ぶと・・・? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 積立NISAでどうやって積み立てますか? | トップページ | インデックス投資家が相場の格言に学ぶと・・・? »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.