« アーリーリタイヤ後に困る質問 | トップページ | これからのDC口座に求められること »

2016年11月 5日 (土)

日経平均とTOPIXのどちらを選ぶか?

日経平均なのかTOPIXなのかという選択問題が、あります。

おりしも、ニッセイさんが、超ローコスト版日経平均インデックスファンドを設定したとのリリース。信託報酬0.18%(税抜)です。安いですね。

 

インデックス投資家は、より広い分散に合理性を見いだし、TOPIX派が主流と思われます。

私は、どういう考え方かというと、

  • 買うのはTOPIXやS&P500
  • 好きなのは日経平均やニューヨークダウ

です。

ときどき、グラフを書いて、分析したりするのも日経平均が多いです。(古いデータが手元にあるという理由もありますが)

日経平均やニューヨークダウって、ある種のスマートベータみたいなところがありますよね。また、時々銘柄入れ替えがあるというのは、アクティブファンドのようでもあります。この二つの点に非合理性を指摘されて、敬遠されるわけですが、個人的には、そこが好きだったりするのです。

でも買うのは、TOPIXなんです。

仙人ごころは、複雑です(笑)。投資心理とは奥深いですね。

ところで、SBI証券のDCにもニッセイの日経平均インデックスファンドがありますが、こちらは、似て非なる別なファンドで、残念ながら信託報酬は下がりません。よりローコストの新ファンドに販売を切り替えて欲しいところです。

SBI証券の個人型DCはこちら→SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« アーリーリタイヤ後に困る質問 | トップページ | これからのDC口座に求められること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アーリーリタイヤ後に困る質問 | トップページ | これからのDC口座に求められること »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.