« 10年後の投信 #foy2016 | トップページ | 不動産の特徴を整理してみる。 »

2016年11月10日 (木)

トランプ大統領で長期投資を考える

トランプさんが大統領です。再修行中の職場でも、おおむね、びっくり、という反応でした。

長期投資家としてのいくつかの視点を上げておきたいと思います。

その1 大統領と株価の関係について

そういえば、ブッシュさんが大統領になったあたりでも、オバマさんがなったあたりでも、バブルが崩壊したような気がします。しかし、それは、たまたまに違いないと考えるのが長期投資家です。

そう考えるが故に、私は、やらねばならない長期投資を継続する勇気をもらっているのです。

その2 大統領と為替の関係について

為替は予測不能です。トランプさんが、ドル安派だとしても、ホントにドル安になるかはわかりません。為替の不確実性は、もともと長期投資が抱えている問題と思います。

その3 変化に対する不安について

トランプさんは変化を起こしそうだし何を考えているかわからないので怖いという意見を耳にします。

しかし、何を考えているかわかる人ばかりでは、資本主義は成長しません。変化や切磋琢磨は、資本主義経済の主力エンジン。とすれば、やはり長期投資家としては、不安ではなく期待ととらえたいところです。

そういえば、オバマさんも、Change,Yes We Can と言っていましたね。

トランプさんが大統領になったと言うことが、ある程度、長期に渡る「政治学&地政学的な転換点」であるかもしれません。しかし、そのためにこそ、いろんな可能性にベットする分散投資が重要な役割を担ってくるわけです。

と言うわけで、私の長期投資のスタンスは、今と変わらないのでした。

トランプ大統領の誕生、実は、個人的にはびっくりしておらず、米国人は、生き延びるという視点において、むしろ賢い選択をしたのかもしれないな、と考えたりもする、ある意味、おめでたい私でした。

iDeCoを始めたい方にオススメ。SBI証券の個人型DCはこちら→SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 10年後の投信 #foy2016 | トップページ | 不動産の特徴を整理してみる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10年後の投信 #foy2016 | トップページ | 不動産の特徴を整理してみる。 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.