« 好きなことを仕事にするために考えるべきこと | トップページ | 晴耕雨読な毎日 »

2016年11月21日 (月)

トランプラリーで考えておくべきことをひとつだけ書いてみる

トランプショックじゃなくてトランプラリーじゃないの?なんて書いていたら、ほんとにトランプラリーになっちゃったようです。考えておくべきことをひとつだけ書いてみます。

それは、

 リスク資産の目標比率

です。

それ以前の停滞感溢れる1年を思い出してみてください。

あなたにとって、リスク資産の目標比率は高いと感じたりしてませんでしたか?

相場が良くなるとどうしてもうれしくなりがちですが、もし、リスク資産の比率を下げようと考えていたのなら、今のような、調子の良いときにこそ、リバランスのチャンスが訪れているかもしれません。以前より低いリスク資産比率で見たときには、すでにリバランスすべき比率になっているかもしれませんね。

長期投資家としては、自分自身のリスク許容度を示すバロメータそのものである、自分にとって適切なリスク資産比率の設定が重要です。今回のような相場変動は、それを考える機会の一つにしても良いのではないでしょうか?

ただ、私は、方針を変える予定はありません。既に幾多の荒波に揉まれて決まってきた比率です。変える理由がありません。

仮に変える論理的理由があったとしても、

 比率を変えるのは相場が静かなとき

にします。

私は、大統領選挙の結果にしたところで、相場を動かす方便として利用されているだけで、大きな経済の流れはその背景にもともとあったものと考えています。なので、これはフェイクで実際は長期停滞トレンドかもしれませんし、ほんとに長期上昇トレンドのきっかけになっているかもしれません。

仙人生活はその流れに乗っていくだけなのです。

iDeCoは長期で考えよう。SBI証券の個人型DCはこちら→SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 好きなことを仕事にするために考えるべきこと | トップページ | 晴耕雨読な毎日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 好きなことを仕事にするために考えるべきこと | トップページ | 晴耕雨読な毎日 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.