« アーリーリタイヤ、いくつかのチェック項目 | トップページ | 新入社員でも確定拠出年金に加入すべきか? »

2016年11月 2日 (水)

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016 に投票しました。#foy2016

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016の投票受付が始まっています。関連して、私のファンド選びの基準を書いてみたいと思います。リタイヤ資金に悩む庶民は、どんなファンドを選ぶべきなのでしょうか?

それは、ずばり、

 長期投資に向いているファンドを選べ

です。(当ブログは長期投資のブログです)

長期投資に向いているファンドは、次の二つの要素を持っていなければなりません。

  • 保有コストが安いこと
  • ファンドマネージャが替わっても投資方針は変わらず、投資方針も継続性のあるものであること

特定のファンドマネージャの集客力で売っている投信は、2番目が苦しいかな。保有コストには、税制も含まれます。「配当課税は廃止すべき」というのが私の主張。

インデックスファンドは、上記2つの要素をいとも簡単に手に入れられる優秀な投資ビークルです。

ただし、「アクティブファンドだからできないというわけではない」ということにも、最近の庶民は、気が付き始めています。

インデックスファンドも、米国にはあるんだからできる、確定拠出年金専用ファンドにはあるんだからできる、と主張し続けて参りましたが、10年以上経って、とうとう、当時夢見ていた信託報酬0.2%台の超ローコストのインデックスファンドが登場するに至りました。

アクティブファンドも、時間の問題ではないか?と楽観視しています。

さて、話をFoyに戻しますが、超ローコスト化が進む、国内のインデックスファンドは、いっぱい票が集まるでしょうね。

なお、今回、私が投票したファンドは、ないしょですが、インデックスファンドにも、人気の直販投信にも投票しなかったということは申し上げておきましょう。私が最も長く保有しているファンドに投票させていただきました。対象となるか微妙かも(^^;)。

DCは、長期投資に向いたファンドを選びましょう。SBI証券のiDeCoはこちら→SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« アーリーリタイヤ、いくつかのチェック項目 | トップページ | 新入社員でも確定拠出年金に加入すべきか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アーリーリタイヤ、いくつかのチェック項目 | トップページ | 新入社員でも確定拠出年金に加入すべきか? »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.