« 耐えがたいと思ったらやめる。 | トップページ | 一生、足し算という考え方 »

2016年10月17日 (月)

はっきり言って始めないと損

著者の田村さんからいただきました。

盟友(と私が勝手に思っている)田村さんの本です。さっそく読んでみましたが、さすがの一冊。確定拠出年金を深く理解し、活用するのに最適な内容でした。新書なので、価格もお手頃です。

確定拠出年金エディターの(と私が勝手に思っている)田村さん。「はじめての」と言っておきながら、マニアックな話が、けっこう書かれています。たとえば、

  • 年金の非課税枠をうまく使って、受給時には、年金と一時金に分けた方が良い場合がある
  • DCを原資にして、厚生年金を70歳まで受け取りをずらして恒久年金の金額を上げてみる。

などなど、お役立ち情報満載です。

記者さんなので、FPさんや実際の現場の取材が織り交ぜてあるのも、良い感じ。

さらなる改革案も提示されております。

  • 加入年齢の引き上げ
  • 掛け金の引き上げ
  • 引き出し条件の緩和
  • 口座管理費用(国の取り分)の引き下げ

私もみんな賛成ですが、特に、DCが発展途上の制度であり、若いときに入りたくても入れなかった世代の救済策として、50代の上積みなんかは、あった方が良いなと思います。

あとがきに

個人型DCの有利さを説明する記事を7〜8年前から何度も繰り返し書いてきたつもりですが、いっこうに関心が高まらないことをもどかしく思っていました。それだけに、最近の盛り上がりを見ると隔世の感があります。

とあります。

やはり、今回の改正が大きかったんですね。

投資ビークルが不足していた頃にインデックス投資の普及に対して感じていた「もどかしさ」と似てなくもありません。

制度と投資ビークル(超ローコストインデックスファンド)。この二つが揃った今。まさに帯に書かれているように

 はっきり言って始めないと損

なのです。

Img_5198

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 耐えがたいと思ったらやめる。 | トップページ | 一生、足し算という考え方 »

コメント

はじめまして。いつもブログを参考にさせて頂いています。

出来ましたら、アドバイスをお願いしたいのですが。

私には公務員の姉がいて、iDeCoを薦めようと思っています。
姉は投資経験は全くなく、金融リテラシーはあまりないと思います。
私は既にiDeCoに加入しています。
私が説明するより、姉に竹川さんか田村さんの本をプレゼントするのが一番かなと思うのですが、どちらがお勧めでしょうか?
NightWalker様は両方読まれたのでお伺いさせて頂きました。
(自分で読めば良いんでしょうが、スミマセン・・・)

よろしくお願い致します。

投稿: なか | 2016年10月17日 (月) 10時56分

なか様
 2冊は補完的な関係にあります。両方読んでも損はないかと思いますし、すでにIDeCo加入されている、なかさんがお読みになっても得るところがあるかもしれませんよ。
 一度,書店でお手に取ってみてはいかがでしょうか?

投稿: NightWalker | 2016年10月17日 (月) 12時09分

NightWalker様

早速ありがとうございました。
当方田舎に住んでおり、書店に両方置いて有れば良いのですが・・・
一度みてみますね。

投稿: なか | 2016年10月17日 (月) 13時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 耐えがたいと思ったらやめる。 | トップページ | 一生、足し算という考え方 »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.