« iDeCo時代は、FPさんの利用機会が増える? | トップページ | ボーグルヘッズ »

2016年10月24日 (月)

専業主婦・主夫は確定拠出年金に入るべきか?

来年の制度改定で、専業主婦・主夫も確定拠出年金には入れるようになりました。しかし、課税収入のない 専業主婦・主夫は、所得税の節税というメリットはありません。それでも入るべきでしょうか?(という主旨のご質問があったので、エントリーを書いています。)

私の考えをひとことで言うと、

 入るメリットはある。

です。(ご参考文献は、こちらのエントリーをご参照ください)

その1 将来も専業主婦・主夫かどうかはわからない。

収入のない今は、課税所得の節税メリットはないかもしれませんが、将来、働いていっぱい稼ぐかもしれません。iDeCoに加入済みであれば、退職所得控除の年数を稼ぐことができます。

人生の立場の変化に強いのが、DCの特徴です。

その2 60歳まで使えないため、必ず、個人の財産となる

人生はどうなるかわかりません。最悪、自分の老後資金に手を出さなければならない事態があるかもしれません。ひどい場合は、自分の意志とは関係なく、そうなるかも。そんな時にも、それまで貯めてきたDC資産は60歳までロックがかかっているので残ります。

収入のない専業主婦・主夫は、お金の面では弱い立場にあります。専業主婦・主夫のみなさんは、年27.6万円 加入することができますが、どのくらい自分の財産を守りたいか、と言う個別事情が大いに関係しますね。

その3 運用時の非課税枠が役立つ?

リスク資産で運用したいと考えている方にとっては、年27.6万円の非課税枠は、それなりに捨てがたいです。SBI証券や楽天証券であれば、ローコストの商品が存在して、普通の非課税運用枠としての魅力は大いにあります。

しかし、うわさされている積立NISA(現状5年の非課税期間が20年になるという話が取り沙汰されています)ができれば、それで、専業主婦・主夫としての老後の安心資金は十分だという考え方もあります。NISAの方は、DCと異なり、口座管理料を取られません。

ただ、まだ、若いみなさんは、30年以上の運用が考えられますから、しょせんは有期限の積立NISAよりも、DCの方がわかりやすいような気がします。

運用時の非課税メリットについては、しばらく考え方として保留です。

いずれにしても、リスク資産で運用するリタイヤ資金の預け先としては、DCは魅力的な存在です。

以上、私としての整理でした。

入るべきではない方もいる。

しかし、そうはいっても、以上が当てはまらない方もいます。それは、

  • 元本保証商品しか買う気がない人

こういう方は、DCの口座管理料でコスト負けしてしまいます。普通に貯金した方が良いでしょう。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« iDeCo時代は、FPさんの利用機会が増える? | トップページ | ボーグルヘッズ »

コメント

リクエスト通りの回答ありがとうございます。
今後の嫁の仕事の事や運用商品などしっかり嫁にも参考文献を読むなどして、
夫婦で勉強してみます。

投稿: | 2016年10月24日 (月) 18時10分

?様
 コメントありがとうございます。
 お役に立てたとしたら、幸いです。
 ぜひ、研究してみてくださいませ。
 

投稿: NightWalker | 2016年10月25日 (火) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iDeCo時代は、FPさんの利用機会が増える? | トップページ | ボーグルヘッズ »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.