« 年金カット法案 | トップページ | 確定拠出年金はどう受け取るのが得なのか »

2016年10月20日 (木)

「長期投資」対「短期投資」という比較軸

たまに「長期投資」対「短期投資」という比較軸があって、本当に長期投資で良いのか?という議論やつぶやきを見かけます。これは、永遠のテーマ。永遠のテーマなので何度でも書いちゃいます。

私としては、本当に長期投資で良いのか?という疑問に対しては、

 リタイヤ資金を作るんだから長期投資になってしまう。

という身もふたもない答えを述べることにしています。ご参考エントリー(長期投資の3つの大きな欠点)

私のブログをお読みいただいている方には、「耳たこ」論理です。似た「耳たこ」論理に、「サラリーマンなんだからドルコスト。給料もらったら一括投資」というのがありますが、これも唱え続ける予定です。

さて、話を戻して、雑談。

こういう議論が出てくるとき、定義がごちゃごちゃになってしまうことがあります。

たとえば、

  • 短期投資 = トレーディング
  • 長期投資 = バイアンドホールド

とか、明らかに変なのは、

  • 短期投資 = アクティブ投資
  • 長期投資 = インデックス投資

とか。

トレーディングだって、長期間に渡って市場に生き残り続けることができれば(確率は低そうな気がしますが)、それは、結果として長期投資なのではないか、という気もしてます。逆に、インデックスファンドを買ったとしても、短期売買を繰り返し、市場を退場してしまうのであれば、残念な感じです。

手法としての短期(長期)投資 と 投資期間としての短期(長期)投資 というのは、区別しないといけないのですね。

 生き延びることこそが、人生です。

「お天道様に恥ずかしくない生き方」であれば、よいのであります。

長期投資家を支えるみんなのDC。お得なSBI証券の個人型DCはこちら→SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 年金カット法案 | トップページ | 確定拠出年金はどう受け取るのが得なのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年金カット法案 | トップページ | 確定拠出年金はどう受け取るのが得なのか »