« 最近の売れ筋ファンド 2016/9〜10月初旬 | トップページ | 「やりがいのある仕事」という幻想 »

2016年10月14日 (金)

保有コストゼロの時代

日経田村さんの記事をネタに、昨日もちらっと、ニッセイさんの信託報酬の値下げに触れました。我が国もすごい領域にやってきたなと感慨ひとしおでしたが、海の向こうでは、もっとすごい話が出ているようで、なかなか刺激的です。

なんと、そのうち、ETFの運用フィーはゼロになっちゃうだろうという話です。

じゃあ、どうするかっていうと、預かったお金で買った株を貸して儲けるというのが、ご紹介した記事の指摘。

それ以外にも、たとえば、IFAが信託報酬ゼロのファンドを活用した機動的なポートフォリオアドバイザーとして活躍するというビジネスで儲ける、という展開も考えられます。

バンガードもそんな時代が来れば、当然トップランナーとしての対抗策は打ってくるでしょう。なにしろ360兆円の資産規模。日銀の国債保有高なみです。

ふと思ったのですが、そもそも、個別株式は信託報酬はゼロです。保有して下さっているホルダー様からお金を吸い上げるなんてご無体なことはしていません。

そのかわり、預かったお金で、企業は、商売をして儲けるのです。

金融機関も、「リスクは客にとってもらい,自分は、手数料で確実に儲ける」という安楽椅子型ビジネスから脱却しなければいけないのかな、と、私は、一庶民として思います。

世界株式会社をコストゼロで保有できる時代が、私の生きているうちにやってくるかもしれません。 ブログを続ける動機がまたできました。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 最近の売れ筋ファンド 2016/9〜10月初旬 | トップページ | 「やりがいのある仕事」という幻想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近の売れ筋ファンド 2016/9〜10月初旬 | トップページ | 「やりがいのある仕事」という幻想 »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.