« はっきり言って始めないと損 | トップページ | 年金カット法案 »

2016年10月18日 (火)

一生、足し算という考え方

カン・チュンドさんです。

私も似たような考え方を持っていました。

マキアヴェッリ語録にみる「勝ちつづける法則」と言う10年くらい前のエントリーのコメント欄で書いた塩野七生さんの名言、

「老いるとは、端的に言えば、自分が自信を持ってできることを選んでいき、それ以外のことを潔く捨てていく過程なのです。」

この言葉にいたく、共鳴し、今も頭から離れないからです。(この言葉は文藝春秋のとある号に書いてあったので、今となってはソースを洗うことができません。)

ずっと考えていたのですが、ここには、二つの意味があるなあ、というのが、最近の理解です。

  • 自分が自信を持ってできることを選ぶ → これは,これからも成長するゾーン。
  • それ以外のことを潔く捨てていく → ここはゼロにしてしまうゾーン。

セカンドライフを、戦略的に生きるとは、こういうことなのです。

全体としては、少しずつマイナスなんですけれども、あるところは、どこまでも進んでいく、 

 一生、成長!

そんな考え方なのです。

我ながら、前向きだなあ。

たとえば、サラリーマンが、これまでは本業をずっと頑張っていたが、それを卒業したら、単に何もかも取り崩すのではなく、別な仕事や才能が伸びていくというような。そういう意味でも、これからの現役世代は、副業、マルチワークがキーワードとなりそうです。

資産もそうかもしれませんね。

オーバー・フィフティは、これまで、やたら買って来てしまったいろんなファンドや、やたら開設してきた口座を整理しつつも、あるところは成長させていく時期なのかもしれません。

ところで、自分の古いエントリーを読み返してみて、マキアヴェッリって、すごいなあとあらためて思った次第です。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« はっきり言って始めないと損 | トップページ | 年金カット法案 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はっきり言って始めないと損 | トップページ | 年金カット法案 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.