« 夫婦控除で前もって準備しておけそうなことを考えてみる。 | トップページ | サラリーマン終活 »

2016年9月24日 (土)

SBI証券も大幅サービス拡充へ。iDeCo二強時代に一気に突入

楽天証券さんを迎え撃つべく、SBI証券さんもiDeCo対抗策が出てきました。さすが、SBI証券。

SBI証券さんの宣伝に乗っちゃうと、次の4本立てです。

  • 公務員・主婦の皆さま等、新規加入対象者の申込資料請求の予約受付開始!
  • 加入・移換時手数料、口座管理手数料の無料キャンペーンを実施!
  • 当社WEBサイトのiDeCoページを大幅リニューアル!
  • iDeCoプランの運用商品拡充!

「囲い込みです」という・・・

 非常にわかりやすい狙い

です。わかりやすくて好感が持てます。

口座管理手数料については、キャンペーンで対抗してきましたね。50万円という無料条件は差がありますが、今後に期待です。

SBI証券さん全般の弱点であると私が個人的に感じているWebページもiDeCoについては改善するということです。

さて、後は気になるファンドラインナップです。

  • ひふみ年金 (0.8208%)
  • みのりの投信(確定拠出年金専用) (1.674%以内)
  • 三井住友・DC日本株式インデックスファンドS  (0.2052%)
  • 海外REIT 三井住友・DC外国リートインデックスファンド (上限0.3024%)

 ひふみのSBIか?セゾンの楽天か?

というところです。

商売として外野で見たときには、面白い取り組みだと思います。しかし、私が加入するなら、両ファンドは、どちらも対象外。iDeCoは、私としては、超ローコストインデックスファンド、ことに外国株式クラスに興味が集中します。

現時点のSBI証券さんの商品ラインナップは、こちら

今回の発表とは関係ないですが、SBI証券さんは、DCニッセイ外国株式インデックス(0.2268%)を取り扱っています。

ここは、

 ニッセイのSBIか?たわらの楽天か?

ですね。

もはや趣味の世界。

ここに来て、SBI証券さんでも楽天証券さんも、素晴らしいサービスになりました。

その前段、地ならしとして、超ローコストインデックスファンドを登場させたニッセイさん、DIAMさんも大いに賞賛されるべきだと思います。ダイワさんは、一足遅かった?いやいや、営業陣の頑張りはこれから?

みなさまに 本当に感謝したいです。ありがとうございました!

また、タイトルに二強時代と書きましたが、三つどもえ、いや、百家争鳴時代になることも期待しています。マネックス証券さんって何もしないのかなー。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 夫婦控除で前もって準備しておけそうなことを考えてみる。 | トップページ | サラリーマン終活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夫婦控除で前もって準備しておけそうなことを考えてみる。 | トップページ | サラリーマン終活 »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.