« リタイヤまでの時間の数え方 | トップページ | ローコストインデックスファンドに関する個人的な希望的観測 »

2016年9月13日 (火)

制度変更があったときの私

最近、配偶者控除を夫婦控除に変更しようという動きがあります。いわゆる、長年の懸案事項。こういうときの考え方は、二つのスタンスがあります。

(1)制度の是非について議論し、批判し、意見する。

(2)制度が変わったらどうするか考える。行動する。

私は、(2)です。

かつては、けっこう(1)でした。しかし、要約すると

  • 「私の考えとは異なる方向に世の中は進むなー。」
  • 「私の考えとは異なる方向に株価は推移するなー。」
  • 「私はちっとも世の中のことをわかってないなー。」
以上3つの点に気がつき、(2)のスタンスに変わっていったのです。

(2)は、早い話、制度が変わったとき、

 どうすると得か?

です。

一庶民として、制度が変わったとき、世の中が変わったとき、

 しめた!

と思うマインドが重要と私は考えています。

夫婦控除に限らず、確定拠出年金、NISAなどなど世の中は変化で溢れています。

どんなことも、前向きに考えたいと思うのです。例え、それが、今進んでいる道を多少引き返すようなことであったとしても。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« リタイヤまでの時間の数え方 | トップページ | ローコストインデックスファンドに関する個人的な希望的観測 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リタイヤまでの時間の数え方 | トップページ | ローコストインデックスファンドに関する個人的な希望的観測 »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.