« 三井住友・日本債券インデックス・ファンドで見る日本債券クラスの推移 | トップページ | 私が海外ETFを持ってない、ある理由 »

2016年9月 5日 (月)

最近の私の新興国株式に対する考え方

私のポートフォリオの紹介では、新興国株式がありませんが、持っていないわけではありません。

新興国の比率があまり高いわけではなく、細かく見るのもあんまり意味がないだろうということで、あるときから、外国株式クラスの中に含めてしまっているからなんです。

私の新興国株式クラスに対する考え方は、こうです。

  • 期待リターンは大きく、リスク(ボラティリティ)も大きい。

「リスクはリターンを毀損する」という考えもあって、全体リスクバランスから新興国株式クラスは少なめに設定しているのです。

つい「新興国は将来発展するので、今、投資しておけば、将来大きなリターンがある」というところに目が行きがちですし、そう宣伝して商品を売る証券会社も多いです。

しかし、私は、先進国株式で、それぞれの国やましてや銘柄を見ないのと同様に、新興国もそれぞれの国の成長を考えて購入しているわけではありません。

まるごとリスクが高めの資産クラスと考えているのです。

「リスクが高そうなものにたくさん配分したら、よくないんじゃないの?」という極めてオーソドックスで小心者な分散の考え方に立っていて、配分もやや少なめです。

今、人生のいろいろな試行錯誤の果てに、ここにこうして立っていますが、もし、やり直しているとしたら、違う投資をしていたかもしれません。

たとえば、

  • 日本個別株の分散ポートフォリオ
  • 先進国株式インデックスまたはS&P500

だけのシンプルなポートフォリオ。新興国なし。

とか。

ポートフォリオは、その人を写す鏡です。逆に新興国株式が多いポートフォリオも、あって当然ですね。

その場合でも絶対欠かせないであろう最重要資産が、キャッシュなどの無リスク資産であるのは言うまでもありません。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 三井住友・日本債券インデックス・ファンドで見る日本債券クラスの推移 | トップページ | 私が海外ETFを持ってない、ある理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三井住友・日本債券インデックス・ファンドで見る日本債券クラスの推移 | トップページ | 私が海外ETFを持ってない、ある理由 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.