« ファンドの償還に思う | トップページ | 制度変更があったときの私 »

2016年9月12日 (月)

リタイヤまでの時間の数え方

アラフィフくらいになったら考えたい数え方があります。

それは、

  • 定年まで、あと何ヶ月か?
  • 年金受給まで、あと何ヶ月か?

と数えることです。

私の感覚ですが、100ヶ月を切って、月数が二桁になった当たりから、秒読みならぬ月読み段階。

二桁になったら、終わりの計算もしやすくなるわけです。

壁にカウントダウンの紙を貼るような話ではありませんが、みてみるとけっこう楽しかったり切実だったりします。「つらいけど、あと、もうちょっとだなー」とか。

アーリーリタイヤを志している人も、メドがたった段階で、あと何ヶ月で会社を辞めると、決めてしまった方が、目標達成の確度が上がります。

辞めると決めたんだから辞めてみよう。こういうのは流されやすいですからねー。と、流れ流れてセミリタイヤした私がいうのも、人生の無常を感じます。

ドルコストなどの積立投資をしている人にとっては、

 あと、何回、積立投資ができるだろうか?

と考えることでもあります。

アラサー、アラフォーのみなさまも、一度考えてみると面白いですよ。

 魂を込めてドルコストできます。

ドルコストや積立投資とは、収入の中から、「一括投資を毎月繰り返す」という地道な作業です。終わりがないように見えて終わりのある作業なのです。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« ファンドの償還に思う | トップページ | 制度変更があったときの私 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ファンドの償還に思う | トップページ | 制度変更があったときの私 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.