« なんと、セゾン投信 初の外販へ! | トップページ | 日経平均の長期推移を見ながら長期投資の行く末を考える。 »

2016年9月 9日 (金)

うわさの楽天証券DC 商品ラインアップ第一弾発表!

楽天証券さんから満を持して登場予定の個人型DCのラインアップが発表されました。

第一弾と言うことで、五月雨式の宣伝になるのかな?「楽天証券さんの思うつぼ」に「まんまと」乗ってみたいと思います。

表を転記します。

ファ ンド インデックス 実質的な
運用管理
費用
(税込)
三井住友・DC日本株式インデックスファンドS 0.2052%
たわらノーロード 日経225 0.2106%
iTrust日本株式 0.9612%
MHAM日本成長株ファンド<DC年金> 1.6740%
フィデリティ・日本成長株・ファンド 1.6524%
国内債券型インデックス ファンド
明治安田DC日本債券オープン 0.6480%
三井住友・DC日本リートインデックス ファンド 0.2808%
野村J-REITファンド(確定拠出年金向け) 1.0260%
海外株式型インデックス ファンド
インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式 0.5940%
ラッセル・インベストメント外国株式ファンド(DC向け) 1.4580%
iTrust世界株式 0.9612%
海外債券型インデックス ファンド

海外債券型インデックスファンド
(為替 ヘッジあり)

インデックスファンド海外新興国(エマージング)債券(1年決算型) 0.5616%
みずほUSハイイールドファンド<DC年金> 1.5120%
三井住友・DC外国リートインデックス ファンド 0.3024%
セゾン資産形成の達人ファンド 1.5500%
ステートストリート・ゴールドファンド
(為替ヘッジあり)
0.8860%
セゾン・バンガード・グローバルバランス ファンド 0.7200%
三井住友・DC世界バランスファンド
(動的配分型)
1.2856%
三菱UFJ DCバランス・イノベーション(KAKUSHIN) 0.6480%
投資のソムリエ<DC年金> 1.1880%

昨日ご紹介したセゾンさんも、ちゃんとラインナップに出ています。信託報酬は、一瞬びっくりしましたが、FOF分のコストしか入っていないようですね。ここは、直ちに公平な表現に変えるべきでしょう※。山崎先生に怒られますよ〜。

※→2016/9/9夜:楽天さんの表が、直ちに直っていました!私も直ちに修正。山崎先生に怒られたかどうかは不明ですw  今後も修正があるかもしれませんので、すみませんが、楽天さんのサイトをご確認いただけると助かります。

 

さてさて、ささっと、ポイントを整理します。

海外株式、国内債券、海外債券は、まだ不明。

メインディッシュがわかりません。何になるのかな? 日本株とおんなじかなー?、それとも違うやつかなー?、インデックス投資家のみなさんが期待していたやつかなー、楽しみですね。

「海外債券」と「金」に「為替ヘッジあり」がある。

コスト次第ですが、海外債券を選ぶときには、選択肢として有力だと思います。

ヘッジありは、海外株式クラスにも欲しかったですね。

リートが安い

これは、びっくりです。一般売りして欲しいです。

-------------

今回は、こんなところでしょうか?

私は、哀しいかな「確定拠出年金 出遅れ組」ですが、ムスコたちには、おおいに、おススメしたい内容です。

楽天証券さん、第2弾もお待ちしています!

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« なんと、セゾン投信 初の外販へ! | トップページ | 日経平均の長期推移を見ながら長期投資の行く末を考える。 »

コメント

こんにちは。
コスト表記は私も消費者にあんまり優しくないなぁと感じました。
まあ、本当にかかる手数料の記載の仕方はどこも虫眼鏡片手に小さかったり薄かったりする文字を確認しなければならなくて似たようなものですかね。。


ともあれ、選択の幅が増えたのは嬉しい限りなので様子を見て運営管理機関の変更も検討します^^;

投稿: そら | 2016年9月 9日 (金) 15時01分

そら様
 コメントありがとうございます。
 表記については第一弾ですので、一部、間違いも修正されていたみたいですし、今後に期待ですね。
 楽天さんの参入で、個人型DCもなんとかまっとうなサービスレベルに達しそうで良かったです。

投稿: NightWalker | 2016年9月 9日 (金) 15時57分

お久しぶりです。やはり、以前、執念の捜索で突き止めたDC最安、インデックスコレクション(三井住友トラストアセット;中部電力401Kで導入)・・・。あれを投入するかどうかでしょうね?まあ、あり得ないかな?最後のシナリオは・・・。例えば、後出しジャンケンの一番最後にマネックスあたりが参入。こうなるとSBIや楽天より良いもの出さないと示しがつかない。渋々、インデックスコレクション投入があり得そうなシナリオ?まあ、いつになることやら(笑)。

投稿: Werder Bremen | 2016年9月 9日 (金) 18時41分

おおおおーーーーっ、Werder Bremenさんじゃないですかーーーーっ。
・・・お久しぶりです。

インデックスコレクションw

三井住友でも、こっちの方じゃないかなあ。
http://www.smam-jp.com/fund/dc/top/1214038_1551.html

投稿: NightWalker | 2016年9月 9日 (金) 18時52分

>おおおおーーーーっ、・・・
かなり元気よさそうで何よりです(笑)。こちらも大台はキープして
生き延びております(汗)。

>三井住友でも、こっちの方じゃないかなあ。
それなら文句なしですが・・・。たぶん揉めてるんじゃないかと。0.1%台
ばかりだと、「ちっとも儲からない!」「いや、うちは後出しジャンケンだから
SBIからシェアを奪い取るならSBIより安いやつ投入しないと」と社内で大揉め。

都知事選と後出しジャンケン有利?だとすると楽天が出したあとに、どこかが
後出しジャンケンするかどうか・・・妄想です(笑)。

投稿: Werder Bremen | 2016年9月 9日 (金) 23時25分

Werder Bremen様
 >大揉め。
 いずれにせよ、結論は、すぐわかりますね。
 楽しみです。

投稿: NightWalker | 2016年9月 9日 (金) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんと、セゾン投信 初の外販へ! | トップページ | 日経平均の長期推移を見ながら長期投資の行く末を考える。 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.