« 制度変更があったときの私 | トップページ | ブログ開設11周年 »

2016年9月14日 (水)

ローコストインデックスファンドに関する個人的な希望的観測

超ローコストインデックスファンドに対する不安の一つとして、これでは儲からなくて、供給側はこけちゃうんじゃないの?というのがあります。

これに対して、私、いくつか希望的観測をもっています。

その1 規模が大きくなりファンド自体で回収できるようになる。

バンガードモデルとでも言いましょうか、ファンドの大きさが、1兆円 10兆円となれば、0.1%の信託報酬が、10億円、100億円になります。ファンドの統廃合とインデックスファンド市場の拡大の相乗効果に期待。

国産ファンドは、まだまだ、ほど遠い状態にも思えます。たしかに、たかだか500兆円の東証一部市場では、難しそうですが、投資家の視線は、はるかにパイの大きい海外に向かっていますので、ここでどこまで日本の金融資産がプレゼンスを発揮できるかにかかっています。

その2 健全なリスクプレミアムが得られる時代が来る。

ローコストインデックスファンドが呼び水となって、金融資産が株式に向かったとするなら、株式市場全体のプレミアムにも好影響するはずです。つまり、ローコストファンドを抱える金融機関も別なところで恩恵を受け、仮にインデックスファンドでの収益が少なくても、他で稼げる。

みんながインデックスファンドばかり買うようになる心配は、たぶんなく、アクティブ投資家は主流であり続けるはずなので、インデックス投資家もアクティブ投資家も万々歳。リスクプレミアムの機能が健全に働き、リスクを取らなかった人だけが涙する。そんなシナリオです。

というわけで、未来は、おめでたくも明るいと信じてます。ローコストよ、永遠なれ。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 制度変更があったときの私 | トップページ | ブログ開設11周年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 制度変更があったときの私 | トップページ | ブログ開設11周年 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.