« 私が海外ETFを持ってない、ある理由 | トップページ | なんと、セゾン投信 初の外販へ! »

2016年9月 7日 (水)

リタイヤ世代の資産管理

前回の続き。相続を考えると、管理を現役時代より簡単にする必要があります。

プレ完全リタイヤ世代の資産管理の課題のひとつ

 資産と遺言はシンプルに

この目標に向け、セミリタイヤのうちに、のんびり整理していきたいと思います。

個人的にも、もうちょっと先の話なので、準備期間は、けっこうあります。

最大課題は、金融機関の集約。

  • 証券会社は、1社に集約
  • 銀行は、2社に集約(これがけっこう大変そう)

さて、証券会社選びの上で掲げたいのが、

 証券会社もバリアフリー

ネット証券を前提とすると、画面が見やすく高齢者でもオペレーションのしやすいことが、けっこう重要です、

今、私のメインのSBI証券は、ダメかもしれません。個人的な趣味もありますが、はっきり言って、元の画面設計がまずく、何がどこにあるのか、私ですら、いまだにわかりません。バイアンドホルダーって、証券口座をたまにしか見ないので、そもそもUIをよく見てないし。

あと、検討中なのは、商品の整理。

  • ファンドではなく、東証上場のETFに集約する。
  • 逆にファンドに集約する。
  • バランスファンドにしてしまう。

などが案としてあります。

商品の再編のために 「売って買って」をやるとコスト的に悩ましい限り。うーーん、どうしよう・・・・などとぼやきながら、いろいろ考えるのは、投資ブロガー的にはけっこう楽しそうです。

もちろん、親切な未来の証券会社の人(ロボット)は、未来の高齢者である妻に「どうすればいいか」親切に教えてくれるとは思うのですが、ついでに余計なことも教えてくれるかもしれず、いや、ちょっと、、、、かなり、心配です。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 私が海外ETFを持ってない、ある理由 | トップページ | なんと、セゾン投信 初の外販へ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私が海外ETFを持ってない、ある理由 | トップページ | なんと、セゾン投信 初の外販へ! »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.