« 楽天証券のiDeCo 商品ラインアップ第2弾発表。手数料無料条件も引き下げ。 | トップページ | 夫婦控除で前もって準備しておけそうなことを考えてみる。 »

2016年9月22日 (木)

iDeCoしてますか?

個人型確定拠出年金の愛称が決定しました。

厚生労働省がオブザーバーとして参加している 確定拠出年金普及・推進協議会は、 個人型確定拠出年金の愛称を、「iDeCo(イデコ)」に決定しましたので、お知らせします。

すでに、昨日のエントリーでも使っちゃいました。

本件、当ブログでも、ご紹介しておりました。「確定くん」じゃなくて本当に良かったです(笑)。

選定理由は、

  • 英語表記の individual-type Defined Contribution pension planの単語の一部から構成され、個人型確定拠出年金をうまく表している。
  • 「i」には「私」という意味が込められており、自分で運用する年金の特徴を捉えていること。
  • 「イデコ」は親しみやすい響きで、小文字と大文字の交互の組合せが、スタイリッシュでおしゃれな印象を与えること。

応募者は、「30代 女性 会社員」の方だそうです。

NISAに比べても、いい感じではないでしょうか?なにしろ、私、発表1週間を待たずして、もはや、

 「iDeCo」 に慣れました。

「たわらノーロード」に違和感を感じなくなるまでに半年を要したのとは、どえらい差です。

名前だけじゃなくて、確定拠出年金が、多くのみなさんに浸透していくことを願ってやみません。

そうです。結局は、その中身とそれを使う人が大事なのです。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 楽天証券のiDeCo 商品ラインアップ第2弾発表。手数料無料条件も引き下げ。 | トップページ | 夫婦控除で前もって準備しておけそうなことを考えてみる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 楽天証券のiDeCo 商品ラインアップ第2弾発表。手数料無料条件も引き下げ。 | トップページ | 夫婦控除で前もって準備しておけそうなことを考えてみる。 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.