« 最近の私の新興国株式に対する考え方 | トップページ | リタイヤ世代の資産管理 »

2016年9月 6日 (火)

私が海外ETFを持ってない、ある理由

私は海外ETFを持っていません。あるとき、「取引がめんどくさい」という理由で、そういう選択をしたわけですが、セミリタイヤした今ごろになって、これで良かったのかもしれないなと実感しつつあることがあります。

それは、

 相続する時、妻は困るかもしれない

と言う理由です。

私の資産は、妻に相続されます。

妻は、相続後、基本ひとりで管理しなければなりません。

ときどき、お話ししていますが、私の妻は、こういうことが、あまり得意ではありません。唯一の資産、セゾンバンガードだってほったらかしです。なにしろ、あやうく、ログインパスワードを忘れてしまいそうになるくらいです。

そんな妻に、海外ETFなるものが、なんなのか、理解してもらうのは、なかなかに難しそうなのです。今から勉強してもらうという手もありますが、これまた、なかなかに難しそうなのです。

加えて、私の母がさすがに衰えてきて気がついたのですが、年を取ると、今までわかっていたことですら、あやしくなるのです。

やはり、リタイヤ後の資産は、オペレーションが簡単な状態にしておく必要があるなーというのが最近の実感です。

じゃあ、どうしようか?ということで、次回に続きます。


私の妻もコツコツ投資中。セゾン投信さんの口座開設はこちら→セゾン投信

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 最近の私の新興国株式に対する考え方 | トップページ | リタイヤ世代の資産管理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近の私の新興国株式に対する考え方 | トップページ | リタイヤ世代の資産管理 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.