« 先進国株式クラスにみる消費者の行動 2016/9 | トップページ | 明るい未来予測 »

2016年9月 2日 (金)

オリックス銀行 eダイレクト2週間定期預金 の推移 2016/9

本日、オリックス銀行さんからメールが到着。9/1から、eダイレクト2週間定期預金の金利が若干アップ! すぱいくさんの記事をご紹介しておきます。

0.07% → 0.10%。

これで、楽天銀行のマネーブリッジの金利と同じになりました。オリックス銀行のように金利で勝負しようというところにとって、楽天銀行のマネーブリッジの金利は「最低死守ライン」ではないかと思っているので、ほっと一息。

今年に入ってからの2週間預金の金利推移を手元のオリックス銀行からのメールの情報を拾って、当ブログらしく、グラフにしてみます。

20160902

こう書くと、大きなトレンドの変化が感じられるかもしれませんが、かなり低レベルの戦いです。

この流れが、

  • オリックス銀行のマーケティング事情によるもの

なのか

  • マーケットの兆候によるもの

なのかは、わかりません。

「全世界異次元状態」からの脱出が、長期投資家にとって、重要な課題と私は考えています。せめて米国の金利が正常域に戻ることが、多少、苦しくても必要ではないかと思っているのです。

それに、長期投資家にとっては、苦しい期間 = 絶好の仕込み期間。

一気にお金を用意できない分、苦しい期間は、長い方がありがたい場合もあるのですから。(仕事への悪影響は除く)

ひょっとすると、苦しくなると思っていたら、いきなり浮上してしまうかもしれません。しかし、そんな時、逆に「焦燥感にも似た感情」を抱いてしまうのが、長期投資家でもあります。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 先進国株式クラスにみる消費者の行動 2016/9 | トップページ | 明るい未来予測 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/64142250

この記事へのトラックバック一覧です: オリックス銀行 eダイレクト2週間定期預金 の推移 2016/9:

« 先進国株式クラスにみる消費者の行動 2016/9 | トップページ | 明るい未来予測 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.