« うわさの楽天証券DC 商品ラインアップ第一弾発表! | トップページ | ファンドの償還に思う »

2016年9月10日 (土)

日経平均の長期推移を見ながら長期投資の行く末を考える。

年に一度、ダウの長期推移を対数グラフ化しながら見ている私ですが、日経平均はどうなのでしょうか?

まずは、単純にグラフ化です。

201609101

日本経済、戦後70年。荒々しいですねー。

次に縦軸を対数にします。(縦軸対数化についてはこちら→:複利の力を直線化する

201609102

そして、補助線です。

201609103

チャーティストであれば、もっと細かく、補助線を引いて、様々なストーリーを作るのかもしれませんが、長期投資家目線の補助線です。あしからず。

日本は、おおよそ40年間、長期の成長=インフレが続き、おおよそ25年間、長期の停滞=デフレが続いている、そんな様子が見て取れます。

やはり、株価とインフレは、関係がありそうな気がしますよね。

ところで、日本は、いつインフレ・トレンドが復活するのでしょうか?

(1)明日から(あるいは既に始まっている)

(2)インフレが40年続いたんだから、デフレも40年続く。

(3)それ以外。

どうなるか、わかりません。

インフレ対策で株式投資をしている私ですが、いつも頭に留めているのは、(2)のシナリオ。

アベノミクスやその後も続くであろう経済対策むなしく、あと15年くらいデフレが続き、日本が新たな成熟経済モデルとしての研究対象となり「株式投資なんて日本じゃやっぱりダメじゃん」と言う新モデルが理論的に証明され、ノーベル賞級の経済学者が出てきて、多くの人が離脱したとたんに、急に長期のハイパーなインフレが始まる。

そんな未来妄想物語。

そのとき、残り少ない人生の中で「あって良かった株式資産」となるように祈りながら、今日も「ささやかに」バイアンドホールドし続けるのでした。

やっぱり、「長期投資の旅は長い」のです。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« うわさの楽天証券DC 商品ラインアップ第一弾発表! | トップページ | ファンドの償還に思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/64180486

この記事へのトラックバック一覧です: 日経平均の長期推移を見ながら長期投資の行く末を考える。:

« うわさの楽天証券DC 商品ラインアップ第一弾発表! | トップページ | ファンドの償還に思う »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.