« 50歳でリタイヤできるようにしておく。 | トップページ | そろそろ、考えようかなー »

2016年8月 7日 (日)

年金ギャップとは何かをあらためて考える。

年金ギャップという言葉に出会ったのは、10年前のこの本です。

年金ギャップとは何なのか?

世代によって、老後資金として必要な金額に差がある。それが年金ギャップである、というわけです。

この本が書かれた2006年時点で、45歳以下の世代から、2000万円以上の大きな年金ギャップがあるという試算。この世代から、急に大きくなるのです。

大きな流れとしては、少子高齢化が進んで受給額が減るに違いない、となるわけですが、いざ、セミリタイヤするに至って、わかったのは、いや、実感したのは、

 リタイヤしてから年金がもらえるまで5年間収入ゼロ

全部とは言わないまでも、この影響が大きいのです。

60歳になったら年金もらえるからと年金を納めだしたものの、途中で65歳になっちゃった世代なわけですから、当然です。

年金ギャップの対策とは、空白の5年間。あるいはそれ以上の期間。それを埋めるための自助努力でもあるのです。

でも、よく考えると、アーリーリタイヤを考えていたとしたら、それは、もともと課題でした。恐れることはありません。

結局、この間、なんとか働き続けるのか、そうではないのか、その人自身の人生に対する満足度なんですね。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 50歳でリタイヤできるようにしておく。 | トップページ | そろそろ、考えようかなー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 50歳でリタイヤできるようにしておく。 | トップページ | そろそろ、考えようかなー »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.