« ジャクソンホール効果 | トップページ | 2016/8末のポートフォリオ »

2016年8月30日 (火)

複利の力を直線化する

アインシュタインもびっくりの複利の力。これを図にすると、たとえばこんな風になります。

201608301

上記は、毎年5%ずつ増えて、100年経つとどうなるかのグラフ。

なんとびっくり。100年で100倍以上に!

でも、よく考えてみると、前半の10年を切り出しても、後半の10年を切り出しても、その間のリターンに差はありません。このグラフでは、それが見えてきません。下手をすると、後になればなるほど儲かるようにみえます。

そこで、登場するのが、私が時々使っている対数グラフ。

上記のグラフの縦軸を対数にすると、こうなります。

201608302

直線になるんですね。

対数グラフの説明をネットで検索してみると、Logとか、Logとか、Logの式が出てきて、いやになりますよね。理系の私ですらそうです。

ですので、対数グラフの意味するところをExcelを使って視覚的に直感してしまうのが良いと思います。

私が数学を習っていた頃には、存在しなかった、Excel。これを使うと、ちょいちょいとこんなグラフが描けるのです。

使い分けとしては、

  • 複利の力に感動したい場合は、縦軸をノーマル。
  • 複利の力を冷静にみたい場合は、縦軸を対数。

という感じ。

私の場合は、短期で見る時は、ノーマル、長期で見る時は、対数にすることが多いです。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« ジャクソンホール効果 | トップページ | 2016/8末のポートフォリオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/64128909

この記事へのトラックバック一覧です: 複利の力を直線化する:

« ジャクソンホール効果 | トップページ | 2016/8末のポートフォリオ »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.