« 確定拠出年金の愛称を考える。 | トップページ | 家計の管理は誰がする? »

2016年8月 4日 (木)

「チャリンチャリン」について考える。

「チャリンチャリン」。ちょっと私の考え方を整理してみます。

実は、この「チャリンチャリン」という言葉。今は遙かな私の現役時代の10年くらい前、ビジネスのことを考えるのによく使ってました。売り切り型のビジネスではなく、定期的に収入があるタイプのビジネスを作らなければいけない、みたいな文脈です。

いわゆる「オヤジ用語」です。

さて、「チャリンチャリン」は、私の分類では二つあります。

(1)チャリンチャリン投資

配当金が多めの銘柄、REITなんかがそれに相当します。

(2)チャリンチャリン副業(ビジネス)

お店のオーナーになったり、不動産投資しちゃったりするものです。。

(1)と(2)は、似て非なるものであるというのが私の感覚。

さて、(1)(2)のどちらでも、大事なのが、コストです。

特に(2)。借金の金利だけをコストとしてみるわけにはいきません。重要なのは、保守経費です。これがかなり大きな金額になります。この検討を忘れないようにしなければなりません。

逆に、売る側から言えば、ここが、儲けどころです。私が、冒頭で書いたようなことを考えていたときは、この保守部分で、投資を回収するというようなストーリーをよく考えていました。たとえば、プリンタのハードを安く売って、紙とトナーで儲ける、とか、サブスクリプション契約みたいなビジネスモデルです。

我らが投資信託も、売ってる方から見れば、ある意味のチャリンチャリン・ビジネス。購入者がほったらかしにしてくれるだけで、儲かります。

というわけで、みなさん!

 あなたが買ったその商品で儲かるのは誰か?

これをよく考えましょう、というお話でした。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 確定拠出年金の愛称を考える。 | トップページ | 家計の管理は誰がする? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 確定拠出年金の愛称を考える。 | トップページ | 家計の管理は誰がする? »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.