« 家計の管理は誰がする? | トップページ | 年金ギャップとは何かをあらためて考える。 »

2016年8月 6日 (土)

50歳でリタイヤできるようにしておく。

アラフォーくらいになったら考えておきたいことがあります。

それが、タイトルに書いた

 50歳で(セミ)リタイヤできるようにしておく

です。

アラサー、アラフォーぐらいのお気持ちは、おそらく、「50歳でリタイヤしたい」だと思いますが、重要なのは「できる」。私は、たまたま、そういう流れになりましたが、この流れが、全体として常態化していくのではないかと思うようになったのです。

ものすごく気になるのが、「働き方改革」なるものです。これ、一見、いいことのように思えますが、労働費用の全体としての実質の原資は変わりません。とすればどうなるか?

考えておかなければいけないのは、「国が主導の」働き方改革ではなく、「個人が主導の」働き方改革 を勝手に目指すことなのです。

 言われなくてもやってます。

これです。

ポイントは、二つです。

  • 資産(自分年金、自分退職金)を作る。
  • キャリアダウンできるようにする。

いずれ、考えがまとまったら、書こうと思いますが、二番目は、なかなか微妙な課題です。

  • 過去のキャリアは直接役立たないどころか、妨げになる。
  • いきなり、生活のグレードは落とせない。教育費など、高くてもある時期を過ぎればなくなる支出はいいが、定常支出は、コントロールしておく。
など、私は必ずしもできてはいませんでしたが、心の準備が必要なのです。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 家計の管理は誰がする? | トップページ | 年金ギャップとは何かをあらためて考える。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家計の管理は誰がする? | トップページ | 年金ギャップとは何かをあらためて考える。 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.