« こんなバランスファンドがあったら買ってしまうかもしれない | トップページ | 奨学金の利率 2016 »

2016年8月17日 (水)

お金の平準化

お金の運用を考えていて、少し迷ってしまうのが、収入と支出は必ずしも一定ではないことです。

当たり前と言ってしまえばそれまでなんですが、サラリーマンでも収入の変動要因は存在します。

  • 毎月の給料(評価や残業代で変動します)
  • ボーナス(会社の業績や評価で変動します)
  • 転職、休職などによる変動(これは大きい)

などです。

支出も、

  • 結婚
  • 持ち家や車
  • 子どもの学費

など、変動要因がいっぱい。

そもそも、こういったばらつきを平準化し調整するため、蓄財は存在します。

私の場合、もはや、こういったばらつきを考慮するような話は、出尽くしてしまった感がありますが、人生を振り返って見た反省点としては、

  • 特別な財布を作るべきではない。(たとえば、子どもの学資を別に貯金するというような考え方)
  • ばらつきの調整手段として借金をすべきではない。

ということですかねー。

人生、もろもろ過ぎ去ってから気がつきました。

今は、借金も特別な財布もなくなって、至ってシンプルな管理に辿り着きました。

それにしても、投資をしなくても、人生自体がリスク(=変動する)なんだなあ。しかもほとんど計算不能。そう考えるとインデックス投資のリスクなんて、たいしたことがないようにも思えるのです。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« こんなバランスファンドがあったら買ってしまうかもしれない | トップページ | 奨学金の利率 2016 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんなバランスファンドがあったら買ってしまうかもしれない | トップページ | 奨学金の利率 2016 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.