« 副業解禁について考える。 | トップページ | ジャクソンホール効果 »

2016年8月28日 (日)

1928-2016 ダウ平均 の長期推移

当ブログでは毎年恒例の米国株の長期推移をみてみたいと思います。2016/8アップデート。

前回のエントリは、こちら

まずは、長期のグラフです。

201608291

次に、縦軸を対数にします。

201608292

そして、これに補助線を付けます。

201608293

この補助線付きのグラフを見ていると、最高値を付け続ける米国株の最近の値動きも「ま、たいしたことないよね」と見えてしまうから不思議です。

このグラフは、長期投資の醍醐味と難しさを示しています。

  • 長期で見れば、米国株は上昇し続けている。
  • しかし、世界最強の米国ですら、上昇と停滞を20年おきくらいに繰り返してきた。

長期投資は、米国の場合でも、40年、いや、50年は欲しいと言う気がしてきます。ましてや日本の場合は、いったい何年ぐらいあったら実を結ぶと言えるのでしょうか?

ところで、このニューヨークダウのグラフを書くためのデータ、ずいぶん前に、米国のYahooのヒストリカルデータから落として来たのですが、最近は、1985年より前のデータを見ることができなくなっていました。

今となっては、私のパソコンの中にある、このデータ、貴重なのかも。

それでは、また来年!

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 副業解禁について考える。 | トップページ | ジャクソンホール効果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/64115393

この記事へのトラックバック一覧です: 1928-2016 ダウ平均 の長期推移:

« 副業解禁について考える。 | トップページ | ジャクソンホール効果 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.