« 安くなる外国株式取引コスト | トップページ | リスク許容度はいつ変更すべきか? »

2016年7月16日 (土)

私が相場の状況に応じてお伝えしている3つのこと

私が、相場の状況に応じて、これまでお伝えしていることを、自己分析してみました。それは3つのパターンがあります。

その1 相場急落時(乱高下含む)

 資産配分のチェックをしましょう。できうる限り何もしないようにしましょう。

その2 相場低迷期

 待望の「ドルコストの季節」の到来です。コツコツの真髄はここにあり。粛々と行きましょう。

その3 相場上昇期

 資産配分のチェックをしましょう。そろそろ「リバランスの季節」ではありませんか?

以上です!短かったですね!!

これを、呪文のごとく唱えております。

えっ 今、どういう時期かわからない? 困ったなあ。そういうときは、、、、

 資産配分のチェックをしましょう!

・・・・・・・・あ、元に戻ってますね。

リスク資産の比率。これこそが、インデックスであろうとアクティブであろうと投資において最も重要な指標なのです。

釣りはフナに始まりフナに終わるといいいますが、投資は、資産配分に始まり資産配分に終わる、ですね。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 安くなる外国株式取引コスト | トップページ | リスク許容度はいつ変更すべきか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安くなる外国株式取引コスト | トップページ | リスク許容度はいつ変更すべきか? »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.