« 安くなる外国株式取引コスト | トップページ | リスク許容度はいつ変更すべきか? »

2016年7月16日 (土)

私が相場の状況に応じてお伝えしている3つのこと

私が、相場の状況に応じて、これまでお伝えしていることを、自己分析してみました。それは3つのパターンがあります。

その1 相場急落時(乱高下含む)

 資産配分のチェックをしましょう。できうる限り何もしないようにしましょう。

その2 相場低迷期

 待望の「ドルコストの季節」の到来です。コツコツの真髄はここにあり。粛々と行きましょう。

その3 相場上昇期

 資産配分のチェックをしましょう。そろそろ「リバランスの季節」ではありませんか?

以上です!短かったですね!!

これを、呪文のごとく唱えております。

えっ 今、どういう時期かわからない? 困ったなあ。そういうときは、、、、

 資産配分のチェックをしましょう!

・・・・・・・・あ、元に戻ってますね。

リスク資産の比率。これこそが、インデックスであろうとアクティブであろうと投資において最も重要な指標なのです。

釣りはフナに始まりフナに終わるといいいますが、投資は、資産配分に始まり資産配分に終わる、ですね。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 安くなる外国株式取引コスト | トップページ | リスク許容度はいつ変更すべきか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安くなる外国株式取引コスト | トップページ | リスク許容度はいつ変更すべきか? »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.