« リスク許容度はいつ変更すべきか? | トップページ | 投資におけるネガティブとポジティブのバランスについて »

2016年7月18日 (月)

市場平均並みのリターン

rennyさんのエントリーです。rennyさんらしい面白い記事でした。

例によって、つらつらっと書いてみます。(市場平均という言葉は、少々、微妙なところがあります。ここでは、CAPMなどで使われる「市場ポートフォリオ」のこととお考えください。)

その1 いろいろなアクティブ投資家がいるからインデックスは成り立つ

私の基本的な考え方はこれです。

自分がいいと思った会社に長期で投資する。ずっと保有する。これこそが、投資の基本だと私は考えます。

たとえば、仕事でも、いろいろな会社さんと取引をすることがあります。このとき、信用ならない会社さんと一緒にビジネスをするでしょうか? 与信を調べるところから始まって、いろいろな観点で判断をしないでしょうか? 

そして、うまく行ったり行かなかったりするのです。うまくいけば、長く取引をすることになります。株式投資で言えば長期保有です。

「投資したくない会社」には投資しない。たとえ、その会社のサービスにお世話になっていたとしても買わない。こういう考え方は、ありですし、この考えを前提に、インデックス投資より大きいコストを承知の上で、気に入った投資信託に運用を託するのもありです。

一方で、小型株派に嫌われがちな時価総額が大きい会社も「多くの雇用を創出している」などの点から、いい会社と考えて投資している人もいるはずですし、投資信託の信託報酬など論外で、個別株式の分散投資しかしないという人もいます。

マーケットはその集合体なのです。

ただし、私は、そういう考え方に賛同するものの、いい会社(いい運用会社、いいファンドマネージャ、いい投資信託含む)を見抜く選定眼、いい会社に分散する資金体力の不足を痛感し、アクティブ投資家のみなさんの努力に感謝しつつ、インデックス投資を選ぶようになっていったのでした。

その2 そもそもインデックス投資家だって市場平均ではないかもしれない。

インデックスファンドを仮に買っていたとして、VTしか買っていないというような場合も除いて、外国株式と日本株式の比率はまちまちです。GPIFだって、株式クラスの外国株式と日本株式の比は、時価総額の比にはなっていません。

少なくとも私の場合はそうで、そもそも、市場平均並みのリターンは得られそうにありません。

VTにしても中国A株が含まれていないなど市場平均という意味では改善の余地があります。

----------

そんなこんなで、世の中、いろいろな考え方をする人がいることは、非常にいいことですね。

またしても論点が少ないNightWakerでした。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« リスク許容度はいつ変更すべきか? | トップページ | 投資におけるネガティブとポジティブのバランスについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リスク許容度はいつ変更すべきか? | トップページ | 投資におけるネガティブとポジティブのバランスについて »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.