« ラップ口座についての整理 | トップページ | 合理的な投資 2016 »

2016年6月20日 (月)

新型ラップのコストは何と比べるべきかをつらつら考える。

新型ラップ、普通は、旧型ラップと比べてコストが安いでしょ、という話になりますが、このエントリーでは、ちょっと違うことを考えてみます。

というのも、

 そもそも旧型ラップのコストは論外

だからです。

で、少し、考えて思ったのが、保有コストが、年1%を切り、パーツが超ローコストなインデックスファンドである新型ラップは、いっそのこと、

  • インデックスファンドを組み合わせたバランスファンドと比較してみた方がいいのではないか? 

ということです。

もちろん、組成や仕組みの異なる商品を比較すること自体には、科学的な意味はありません。「規模感」の話です。

いくつかの人気ファンドと楽ラップを比べてみましょう。

  • 楽ラップ  上限目標値 0.99% (税込み)
  • セゾンバンガードグローバルバランスファンド 0.69%(税込み)
  • 世界経済インデックスファンド 実質コスト0.64%(税込み)

楽ラップさん、もう一声欲しかった、と言う気がしてきませんか?

もうひとつ、完全な個人的趣味でこのファンドと比較してみます。

(こんな比較するのは、私ぐらいなもん(笑))

ファンド自体は、0.23%の経費率なのですが、ここに、0.648%(税込み)の口座管理料が加わります。外国籍であるバンガードファンドを買うときにかかる「口座管理料」なる仕組み、勝手に、ラップ口座に似ていると思っています。

楽ラップの管理料部分は、庶民として現実的な、1000万円以下で、0.702%(税込み 固定報酬の場合)。

マネックスさんが考え出した「口座管理料」は、15年以上前の設定です。

やっぱり、楽ラップさん、もう一声欲しかったなあ。

もし、これらのファンドを下回る保有コストになる価格設計だったら、使いようによってはオーダメイドな自分バランスファンドとして使えたかもしれません。リバランスは自動化できそうでしたのでね。

繰り返しになりますが、組成や仕組みの異なる商品を比較すること自体には、科学的な意味は何にもありません。

あくまで、私の勝手な思考の遊びでした。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« ラップ口座についての整理 | トップページ | 合理的な投資 2016 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラップ口座についての整理 | トップページ | 合理的な投資 2016 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.