« ドルコストと一括投資の比較はしなくなりました。 | トップページ | 楽天証券ラップサービス(愛称:楽ラップ)のご案内サイトオープン »

2016年6月14日 (火)

そもそもインデックス投資ってなんだっけ?

インデックス投資と言う言葉が、徐々に広がっています(気がします)。

その意味は、いろいろな受け止められ方(感じ方)があるようです。

単にインデックスファンドを買う、と言う意味だけではなく、

  • バイアンドホールド
  • (静的な)アセットアロケーション
  • ドルコスト(コツコツ投資)
  • 世界分散
  • リバランス

などなどをセットで考えているような空気がありますね。

でも、私自身は、最初に「理屈」をあれこれ考えてしまったせいなのか、いまだに

 インデックスとは市場ポートフォリオである。

という定義(時価総額型分散=全アクティブ投資の足し算=インデックス)で考えている自分に気がつきます。

イメージで言うと、こんなの↓が脳裏に浮かんでしまうわけなのです。

20160614_2

インデックス=指数ですから、何かの指数に連動している商品を買えば、広い意味ではインデックス投資と言えます。

ただ、私としては、いわゆるスマートベータは、アクティブという感じ方。

つまり、私のポートフォリオを飾る商品のうち、MSCIコクサイ連動やTOPIXは、インデックスですが、それ以外は、アクティブ。

考えようによっては、日本株と外国株の比率が時価総額比になっていないこと自体が、もはやインデックスではなく、インデックスファンドを使ったアクティブ投資をしているに過ぎないということなのかもしれません。

そうだとしても、上記の図のどこかに、自分のポートフォリオは存在しているはずです。

それがどこなのか、ましてや効率的なのか、もはや、考えることはしなくなってしまいました。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« ドルコストと一括投資の比較はしなくなりました。 | トップページ | 楽天証券ラップサービス(愛称:楽ラップ)のご案内サイトオープン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドルコストと一括投資の比較はしなくなりました。 | トップページ | 楽天証券ラップサービス(愛称:楽ラップ)のご案内サイトオープン »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.