« 合理的な投資 2016 | トップページ | ムサコ会に参加するの巻 2016/6 »

2016年6月22日 (水)

私がロボバイザーを設計しなければいけなくなったとしたら?

さて、なにはなくともフィンテック。そんな時代ですが、もし、私が、誰かに命ぜられてロボバイザーを設計しなければいけなくなったとしたら、設計のどこに力を注ぐだろうか、ふと考えてみました。

私の担当は、ユーザーインタフェースを除く、エンジン部分です。

開発リソースの配分ですが、こんな風にします。

  • リスク許容度診断 90%
  • 最適リスクに元ずくポートフォリオの提案 10%

そうなんです。

投資方針を決めるに当たって、もっとも難しいのが、リスク許容度。

本当に簡単な10〜20の質問でわかるものなのでしょうか? どんな答えが出てもそんな気になってきますので、正当性はなかなか本人にはわかりづらいですが、けっこう難しいアルゴリズムになるような気がします。

家族構成、年収、生活レベルなどの経済環境に加え、本人や家族の考え方、、、、、、、、、いろいろなことが絡んできます。おそらく毎年変化もしていくでしょうし。適性診断と同じく、被験者の回答が必ずしも正確ではないという考慮も必要です。

でも、これさえわかれば、リスク資産の最適配分がわかり、ポートフォリオ構築はけっこう簡単です。

ピヨママさんが紹介してくださった「ストレングスファインダー」がありましたが、これは、いわば、

 リスク許容度ファインダー

今の私は、カウチポテトポートフォリオ、すなわち、リスク資産:無リスク資産=50%:50%という配分です。はっきりいって、感性で決めています。でも、ほんとうにそうなんだろうか?という疑問がないと言えば、うそになります。

ある種の占いですが、もし、無料診断のような簡単なのではなく、 信憑性の高いテストがあるのであれば、ちょっとやってみたい気もします。

料金は、保有資産額にかかって、ずっとかかる方式ではなく、占いらしく「1回ぽっきり価格」で、ぜひ。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 合理的な投資 2016 | トップページ | ムサコ会に参加するの巻 2016/6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 合理的な投資 2016 | トップページ | ムサコ会に参加するの巻 2016/6 »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.