« バンガード、ETF1本の経費率を改定 | トップページ | 最近の2週間定期預金 オリックス銀行の場合 »

2016年6月 2日 (木)

デフォルト商品をもし私が設定しなければならないとしたら

今回の確定拠出年金制度の改正の中に、デフォルト商品なるものがあります。

<指定運用方法>(こちらから引用)

  1. 指定運用方法の設定は運営管理機関・事業主(以下 「運管等」)の任意。
  2. 運管等は、あらかじめ運用商品の中から一の商品を指定 運用方法として指定し、加入者に加入時に指定運用方法 の内容を周知。
  3. 加入者が商品選択を行わない場合、運管等は加入者に商品選択を行うよう通知。
  4. 通知してもなお商品選択を行わず一定期間経過した場合 自動的に指定運用方法を購入

なんと、ほったらかしにしておくと、指定運用方法、すなわちデフォルト商品を自動的に選ぶことにしちゃってもよさそうなのです。もちろん、本人があとから変更はできます。

そんな、デフォルト商品ですが、もし、私だったら、どんな商品にするか考えてみました。それは、こんな配分のバランスファンド。

  • 国内債券 35%
  • 国内株式 25%
  • 外国債券 15%
  • 外国株式 25%

 

・・・・・ん? この配分どこかで見たことがある?

・・・・と思ったあなたはすごいです。

これは、名付けて、

 DC GPIF連動バランスファンド

(参考サイト)

GPIFが運用方針を変えた場合は、もちろん連動して変更です。

ローコストにすることは言うまでもありません。信託報酬は、0.15%ぐらいでどうでしょう。

これならば、企業の確定拠出年金担当者も、運用成績をGPIFのせいにすることができます(笑)。

すでに、どこかの資産運用会社がつくっているのかもしれません。

みなさまなら、どんな、デフォルト商品がいいですか?

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« バンガード、ETF1本の経費率を改定 | トップページ | 最近の2週間定期預金 オリックス銀行の場合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バンガード、ETF1本の経費率を改定 | トップページ | 最近の2週間定期預金 オリックス銀行の場合 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.