« こどもNISAに思う 2016 | トップページ | 本当に何もしなくていいのか? »

2016年6月28日 (火)

危機に対する耐性について

今回のEU離脱。こういうときに「動じないこと」をひとつの投資術として書いてはいるのですが、それとは、別に、感情としても、あまり心配していません。なんでかなあと、考えて、思い当たるのが先日のストレングスファインダー(こちら)。

危機に慣れっこになったというのもあるのかもしれませんが、そうでなくても、私、

 ポジティブ

なんです。

EU離脱に対して、世間ではネガティブな意見がずらずらと並びます。

経済崩壊だ。国家分裂だ。老害だ。投票やり直しだ。ぐれてやる。。。。

理屈としてはわかるんですけど、これらになんだか本能的に違和感を感じるんですよ。

たとえば、私は、

  • ポンド安になるんだったら、英国は、欧州の工場になればいいじゃないか。

とか

  • よし、EUじゃなくて、日米英で世界最強経済圏を作るのだ!

とか、なんか、勝てそうな妄想をしちゃうんですよね〜。

こういう考え方をするので、どうなるかわからない未来に賭けるバイアンドホールド型の投資を続けていられるのかもしれません。

ネガティブな言葉は、因果応報、必ず自分に跳ね返ってきます。

ポジティブに行きましょう。

ネガティブマインドにとらわれている人たちに、危機とは無関係だと思っている人や国、たとえばニッポンがスケープゴートになってしまうことだけは今度こそ避けて欲しいと切に願っているのであります。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« こどもNISAに思う 2016 | トップページ | 本当に何もしなくていいのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こどもNISAに思う 2016 | トップページ | 本当に何もしなくていいのか? »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.