« 確定拠出年金についてちょっとだけメッセージ | トップページ | 相場急落時に注意すべきこと 2016/6 »

2016年6月25日 (土)

相場急落時に確認すべきこと 2016/6

このテーマ、永遠のテーマなのですが、あらためて、これまで書いてきたことを思い出しつつ確認してみます。

その1 ポートフォリオをチェックする

ポイントは、全体に対するリスク資産の比率を見ることです。たいして変化がないことに気がつくはずです。

その2 リスク資産の比率は適切か?

リスク許容度を見る重要なチャンスです。リスク資産の比率に正解はありません。どんなえらい先生が言おうが、訳知り顔のブロガーが言おうが、あなたの感性が重要です。

自分の感性に適した比率になっているか、こういう時こそ見て見ましょう。

その3 後は、行動あるのみ、ドルコスト、コツコツ投資です。

長い旅の途中なのです。ここでやめては始まりません。

ちょっと前のエントリーで、予想された危機が訪れた場合の準備を書いたばかりですが、何度でも書いちゃうのです。

継続こそ我が力。ともに歩みましょう。

ここまでは、いつも通り。適切なリスクを取っているみなさまには、「そんなことわかってるよ〜」というお話でした。

今回は、最近は、あまり書かない話を書きます。それは、この本からの引用です。

 

第三の公理

船が沈み始めたら祈るな。飛び込め。

この本は、トレーディング型の投資の本で、「分散投資の誘惑に負けないこと(第二の公理)」なんて、書いてあって、なかなか、刺激的なのですが、この第三の公理については、以前から一理あると思ってます。

それは、バイアンドホールドであっても、インデックス投資であっても、リスクを極端に取り過ぎていた場合、あるいは極端に間違った方向に投資をしていた場合です。この場合は、沈んでしまう前に飛び込んで、生き延びることが必要です。

ただし、ルールがあります。船が半分沈んでからでは遅く、沈みそうになったら飛び込まなくてはいけません。もちろん被害甚大ですが、沈んでしまうよりはましです。

ものすごい感性が必要です。

みなさまにおかれましては、このような事態にならないように、十分なリスクマージンを取って、自分のポートフォリオの設計をすることをオススメします。

英国もある意味、飛び降りたんですかね。神のみぞ知る、です。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 確定拠出年金についてちょっとだけメッセージ | トップページ | 相場急落時に注意すべきこと 2016/6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 確定拠出年金についてちょっとだけメッセージ | トップページ | 相場急落時に注意すべきこと 2016/6 »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.