« 相場急落時に確認すべきこと 2016/6 | トップページ | こどもNISAに思う 2016 »

2016年6月26日 (日)

相場急落時に注意すべきこと 2016/6

昨日の続きです。相場急落時には注意をすべきことがあります。

それは、

 思わずうれしくなっていっぱい買うこと

です。

一日デイトレーダ気分(なんか変ないい方ですけど)は、なかなか爽快かも・・・・などと考えるには、それなりの自己コントロール力が必要です。

緊急リバランスという位置付けでポートフォリオが減った比率分買うぐらいは、いいかもしれません。

それでも、私の場合は、リバランスについて、

  • 売るときは一気に
  • 買うときはやっぱりコツコツ。

と言う方針ですので、やっぱり、買いはコツコツです。

今回は、英国のEU離脱、ブリテン・ショックですが、経済はよくわかりません。これが、引き金となって、

  • 英国とは全く関係のないところで、全く予期しない大きな問題が噴出する
  • 既に発生している地政学的問題がエスカレートし、経済どころではなくなる

などの悲観的な見方はいくらでもできる一方、これが引き金となって、突然、英国に経済のダイナミズムが生まれ、欧州の奇跡が起こるかもしれません。

未来は、いろいろです。

願わくば、前回のリーマンショックの時のように、震源地の米国は、ちゃっかり、株価が復活し、日本だけが長いこと低迷するなんてことにならないことは祈ります。日本は、この種の危機での戦闘能力が低いですからね。

でも長いこと低迷してくれたおかげで、しっかり、仕込めたというコツコツ投資家もいるわけで、必ずしも悪いことではありませんでした。

日本の金融資本主義社会における戦闘能力の低さの一因に、株式投資を悪とする国民性があります。

しかし、NISA、確定拠出年金などの制度が追い風となってコツコツ投資家が増えれば、外部からの経済ショックに対する耐性は高まっていくかもしれませんね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 相場急落時に確認すべきこと 2016/6 | トップページ | こどもNISAに思う 2016 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 相場急落時に確認すべきこと 2016/6 | トップページ | こどもNISAに思う 2016 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.