« ラップ口座 これだったら許せる? | トップページ | 老後の心配は変化します。 »

2016年6月 5日 (日)

日本の国富 1994-2014

内閣府のサイトに国民経済計算確報というのがあります。(こちらのストック編の最初の表)これを見ると、国富の推移がわかります。

我が国は借金を増やしているというイメージがありますが、大丈夫なんでしょうか?

ずいぶん前にエントリーを書いたのですが、そのときとは計算の基準が変わっているみたいで、今回は、1994年からの推移になります。

201606041

日本は、2014年度末で 3109兆円もの国富があるんですね。

大きな流れで言うと、

  • 1990年のバブル崩壊以降、国富はどんどん減っていった。(不動産の下落が大きい)
  • 1995年頃から持ち直すかと思ったら1998年からどんどん下落。
  • 2004年頃を底に増えだした。
  • リーマンショックでまたしても下がっていったが、2012年頃からまた増えだした。

こんなストーリーです。国富というのは、資産から借金を引いたもので、

 期末資産 ー 負債

と言う定義です。これがどう推移してきたかというと、

201606042

負債は増加傾向にあるのですが、期末資産もそれに寄り添うように変動しているのですね。

 金は天下の回りもの

誰かの借金があるから全体の資産があるということなんでしょうか。

消費税は、1989年に3%新登場 1997年に5% 2014年に8%と上がってきました。

ちなみに、1997年の消費税アップの時には、その翌年から、国富は減少し続けております。これは、消費税アップではなく、上がりすぎた不動産価格の調整だったとも言われているようなので2014年のアップは大丈夫だと思う、というか大丈夫と祈りたいところです。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« ラップ口座 これだったら許せる? | トップページ | 老後の心配は変化します。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/63729797

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の国富 1994-2014:

« ラップ口座 これだったら許せる? | トップページ | 老後の心配は変化します。 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.