« リスク資産比率はどの程度取るべきなの? | トップページ | 老後に必要な資金に対するもう一つの考え方 »

2016年5月17日 (火)

アーリーリタイヤするひとには二つのタイプがある

仙人生活の中で、気がついたことがあります。アーリーリタイヤしたひとには二つのタイプがあります。

(1)アーリーリタイヤしたので、達観している。

(2)アーリーリタイヤしたけど、達観していない。

言い換えるなら、アーリーリタイヤ後、

(1)評論する側に回る人

(2)評論される側に回る人

っていうのかなあ。

ブログのタイプにも二つあるような気もしますね。

私自身は、(2)が好きなんです。

「40にして迷い」「50にして迷い」「60にして迷う」そんな生き方。

リタイヤっていう言葉がいけないのかもしれません。しゃかりきサラリーマンの「卒業」くらいかな。

どちらも、「自由よ万歳!」なのですが、なんとなく、そんな違いがあるように感じています。

どちらになるのか、それもまた自由なのではないかと考える仙人生活でした。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« リスク資産比率はどの程度取るべきなの? | トップページ | 老後に必要な資金に対するもう一つの考え方 »

コメント

私はどっちなんだろう?
( ̄へ ̄|||) ウーム

投稿: mushoku2006 | 2016年5月17日 (火) 09時26分

mushoku2006様

 mushokuさんは、もちろん、(2)です。
 と私は勝手に思っております(^^;)。

投稿: NightWalker | 2016年5月17日 (火) 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リスク資産比率はどの程度取るべきなの? | トップページ | 老後に必要な資金に対するもう一つの考え方 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.