« ストレングス・ファインダー 2016 | トップページ | 投資本の電子書籍化 »

2016年5月 3日 (火)

ねんきん定期便 2016

ねんきん定期便が来てました。

ちょっとしたことなんですが、セミリタイヤする前と後で、見るところが変わってるのに気がつきました。

<セミリタイヤする前(つまり去年まで)>

  • 65歳になったら幾らもらえるのか?

素直にこれが気になってました。

<セミリタイヤ後>

  • これまでの納付額と期間。

こんだけ長い間払っていたのかー、私。

ひとによって、違うと思うんですけど、そんな変化が私の場合ありました。

ここに書かれていることで、もっとも重要ではないかと、今にして思うのは、

老齢年金の受け取りには、原則として300月以上の受給資格期間が必要です。

の一文。

アーリーリタイヤする場合の一つの目安として、とりあえず、300ヶ月は働いとけ、っていうのがあるのかな。アラフィフくらいですねー。(働かなくても払えばいいわけですが)

ねんきんねっと等々を見れば、これらの情報は、いつでもわかることなんですけど、はがきで来るとまた違った印象になるから不思議です。

そうそう、セミリタイヤ後、我が家にはもう一つの変化がありました。

それは、「私の妻も自分のねんきんねっとを見るようになったこと」「パート先と話して厚生年金を支払うようになったこと」です・・・

 なぜだろう? (^^;)。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« ストレングス・ファインダー 2016 | トップページ | 投資本の電子書籍化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ストレングス・ファインダー 2016 | トップページ | 投資本の電子書籍化 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.