« 新入社員のみなさまへ 2016 | トップページ | 運用資産の収益率を見てますか? »

2016年4月 4日 (月)

高齢者が気をつけるべき商品

昨日はフレッシュなみなさまに向けたメッセージでしたが、本日は、シニアなみなさまへのメッセージ。

高齢者が気をつけるべき商品とは、どういうものでしょうか?

それは、次の二つです。

(1)複雑怪奇な商品

(2)高コストな商品

 

(1)は、仕組み債とか、3階建て4階建てとか、もはや、説明不能な商品。

(2)は、たとえば、

  • ラップ口座のように「お任せ」といわれて、任せておくと毎年2%くらい目減りしていく商品。
  • 高配当インカムといいつつ信託報酬が2%ぐらいあって高配当が台無しになる商品。
などです。

投資について全くわからない方より、妙に自信があったり、妙にリッチな方が危険な感じがします。

ラップ型投信は、最近安いのもあるとのことですが、私にはシンプルなバランスファンドの方が魅力的に映ります。一昨日取り上げた、三井住友・DC年金バランス30(債券重点型)などは、信託報酬率が税抜0.22%です。

リタイヤ世代に向いた商品は、やっぱり、

  • 手堅く個人向け国債
  • 普通の株式を分散して持つか、インデックスファンド(ETF含む)、ローコストのバランスファンドを全資産の2〜3割程度

っていうところではないでしょうか。

配当に着眼した資産作りは、ありだと思いますが、保有コストを下げるには、やはり現物株かETF。

ものすごくお金持ちの場合は、すでにビルオーナーだったり、金の延べ棒を密かにお持ちかもしれませんが、こういう方は当ブログごときが心配する必要はないので、省きます。

当ブログは、アラフォーからアラシス(アラカン)くらいまでの方が読者層で、オーバー65歳の方はほとんどお読みではありません。若い世代のみなさまには、ぜひ、ご両親、ご親戚のみなさまにお伝えくださいますよう、お願い申し上げます。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 新入社員のみなさまへ 2016 | トップページ | 運用資産の収益率を見てますか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新入社員のみなさまへ 2016 | トップページ | 運用資産の収益率を見てますか? »