« 2016/3末のポートフォリオ | トップページ | 楽天証券ファンドアワード2015発表! »

2016年4月 1日 (金)

確定拠出年金にいまさら入るか、また考える。

日経、田村正之さんの記事です。

記事は、「個人型DCは、けっこうろくでもない品揃えばっかりなので注意しよう」(まったくその通り)という趣旨なのですが、田村さん、ちゃっかり、、、

おいしいニュースをリークしてます。

ただし来年からは個人型DCの対象が公務員や主婦などにも拡大されるのをにらみ、金融機関の中には商品の大幅強化を計画しているところも出てきている。例えばSBI証券は4月にも、主要資産クラスの信託報酬が最低水準の投信を一挙に投入方向だ。手数料も低いため、個人型DCを利用する際のかなり有力な選択肢になりそうだ。「品ぞろえを充実させる金融機関はほかにも出てきそう。しばらく金融機関選びを待つ選択もある」(竹川さん)状況だ。

記事の中にさりげなく、こういう「聞き耳頭巾ネタ」を忍ばせるのが最近のパターン?

SBIさんが、もし、三井住友DCシリーズとか、たわらとかを、DCのラインナップに採用しちゃうなんてことがあれば、個人型DCの世界で圧勝することになります。さて、どうなるんでしょうかね。私の本エントリーの投稿はエイプリルフールですが、田村さんの記事は3/31付けです。楽しみに待っていましょう!

さてさて、閑話休題。

実は、セミリタイヤして、個人型DCに入ろうとしてやめた私ですが、

実は、新しい修業先は、厚生年金オンリーで、企業年金も厚生年金基金もないはずなので、今でも個人向けDCを選択できるはず。確認してみよう。もし、入れるなら、所得税の節税観点で加入するかもしれません。

私の場合、残り時間が少ないのがネック。運用資産の規模が期待できず「口座管理手数料がかからない」というのは必須要項です。

「50万円以上口座管理手数料無料!」のSBI証券さんは、良い選択肢のひとつになります。

リスク資産を買う可能性は少ない・・・・と思うのですが・・・・、SBIさんが、魅力的な提案をしてくださるなら、ふらふらーーーっとするかもしれません(笑)

・・・・・そんな妄想よりも、多くのみなさまにとっては、対象者拡大の制度改正の行方が大事ですね。


口座管理手数料がお得なSBI証券の個人型DCはこちら
                                →SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 2016/3末のポートフォリオ | トップページ | 楽天証券ファンドアワード2015発表! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016/3末のポートフォリオ | トップページ | 楽天証券ファンドアワード2015発表! »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.